学ぶ。みがく。変わる。
HOME 会計・税務・法律 経理 決算書を使う技術
決算書を使う技術
定価 1,512円(税込)
判型 46判
体裁 並製
頁数 224頁
ISBN 978-4-7612-7048-3
発行日 2014年12月15日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング

電子書籍

  • BookLive
  • honto
  • iBooks
  • kindle
  • Kinoppy
  • kobo
  • Google Play(TM)ブックスGoogle Play™ブックス
  • セブンネットショッピング

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible
ビジネス基礎体力が身につく

決算書を使う技術

川口宏之 /著 

読者様の声

  • わかりやすい本です。切り口がよいと感じます。(68歳男性・自由業)

内容紹介

本書はビジネスパーソン、また株式投資をする人が、
ワンランク上をめざすために、決算書の使い方を説明したものです。

決算書とは言わば、そのような人たちにとって、
戦場で戦うための”武器”と言えます。
武器を携えて戦いに臨むのと、武器を持たずに丸腰で戦いに臨むのとでは、
当然、結果は火を見るより明らかです。

ロングセラーとなっている
前著『ビジネス基礎体力が身につく 決算書を読む技術』に続く本書は、
決算書の読み方を知ると同時に、
さらに【使いこなす】ための技術が簡単に身につく本です。

そのために有名な特徴のある31社を事例に、図解でわかりやすく解説しました。
優秀なビジネスパーソンや、株式投資をする人は、
この武器(決算書)をうまく使いこなして、結果を出しています。

著者について

1975年栃木県生まれ。公認会計士。2000年より、国内大手監査法人である監査法人トーマツにて、主に上場企業の会計監査業務に従事。06年、国内大手金融グループ系証券会社にて、新規上場に伴う引受審査業務および既上場企業のエクイティファイナンスに伴う引受審査業務に従事。
08年、それまでの経験を活かし、ITベンチャー企業の取締役兼CFOに就任。会社の売上が3倍、社員数が4倍に増加する急成長期において、ほぼ一人でバックオフィス業務全般(財務・経理・総務・法務・労務・資本政策・上場準備)を担当。ベンチャーキャピタルからの資金調達、株式交換による企業買収などで成果を上げた。
現在は独立系の会計コンサルティングファームのジャパン・ビジネス・アシュアランス(株)にて、IFRS導入コンサルティング業務やバックオフィス支援業務、各種セミナー講師等を担当する。

目次詳細

ワンランク上の結果を求める人に─はじめに

第1章 決算書を図で理解しよう
1.貸借対照表(B/S)を図で理解する
2.損益計算書(P/L)を図で理解する
3.キャッシュ・フロー計算書(C/F)を図で理解する
4.財務3表のつながりを図で理解する…
5.「株主資本等変動計算書」で純資産の増減要因を知る
6.キャッシュ(現預金)はB/SとC/Fとでは違う
7.営業C/Fの仕組みを知れば、スッキリ読み解ける
8.企業グループ全体の経営実態を見抜く

第2章 会社の数字を図で理解しよう
1.貸借対照表を使って会社の数字を分析する
2.損益計算書を使って会社の数字を分析する
3.貸借対照表と損益計算書の組み合わせで数字を分析する
4.なぜ、あの会社はROA・ROEが高いのか?

第3章 決算書を使って割安株を探そう
1.どんな株を買うべきか?
2.株価の実態は?
3.貸借対照表で割安株を探す
4.損益計算書で割安株を探す
5.キャッシュ・フロー計算書で割安株を探す
6.ROEと株価との関係

第4章 有名企業の決算書を分析してみよう
1.ローソン
2.吉野家ホールディングス
3.日本航空
4.任天堂
5.ガンホー・オンライン・エンターテイメント
6.ソフトバンク
7.シャープ
8.東宝
9.テンプホールディングス

付録 決算情報はここから入手しよう
1.決算短信
2.有価証券報告書
3.『会社四季報
4.Yahoo! ファイナンス

おわりに