学ぶ。みがく。変わる。
HOME 自己啓発・人文科学 自己啓発 人生でいちばん大切な10の知恵
人生でいちばん大切な10の知恵
定価 1,650円(税込)
判型 46判
体裁 並製
頁数 176頁
ISBN 978-4-7612-7031-5
発行日 2014年10月6日

正誤表

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ
  • 学参ドットコム

電子書籍

  • BookLive
  • honto
  • iBooks
  • kindle
  • Kinoppy
  • kobo
  • Google Play(TM)ブックスGoogle Play™ブックス
  • セブンネットショッピング

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

人生でいちばん大切な10の知恵

梅沢 重雄 /著 

内容紹介

現代人の誰もが悩むテーマ
「どう生きていけばしあわせになれるのか」という問いに、
たった10のキーワードで答えてくれる
本。

じつは教育勅語には
私たちがとるべき行動の方向性、判断基準が簡潔にまとめられている。

人としての大原則から導きだされる、
歩むべき道を、実例を示しながら平易に解説する。

悩める若い人、子育てに困っている親に贈る人生の副読本。

著者について

1952年生まれ。日本航空高等学校航空整備科、明星大学人文学部心理教育学科卒。

1975年、祖父、父が創設した学校法人日本航空学園に教諭として勤務。
担任、寮監、運動部顧問を経て、日本航空高等学校校長、日本航空大学校学長、日本航空専門学校学長を長年務めた。
学校経営にあたり、自衛隊の幹部候補生学校や、アメリカを中心とする諸外国の大学・高校を多数視察・研修し、独自の教育方針・教育システムを確立している。
1992年、同学園理事長に就任、現在に至る。

著書に『15歳からのオンリーワン教育』(かんき出版刊/第15回山梨自分史大賞最優秀文化賞受賞)などがある。

NGO国境なき奉仕団本部長として、ソマリア、ルワンダ、バングラデッシュ、インドなどの難民キャンプ等における支援活動を通して、戦争の悲惨さ、国際理解の大切さを肌で感じる。
人間が幸せに生きていくために必要なものとして、 自然愛、人類愛、愛国心、祖国愛、地域郷土愛、家族愛、自己愛などをあげ、教育勅語のテーマと重なる部分が多いとしている。
将来を担う青少年を健全に育み、明るく豊かで活力に満ちた社会を築いてもらうためにさまざまな育成サポートを行う、公益財団法人JAA人間力育成協会会長。
防災ヘリコプター、ドクターヘリコプター、報道ヘリコプター、小型飛行機、モーターグライダーなどを運航する株式会社ジャネット会長。

目次詳細

まえがき
《『教育勅語』全文》

序章 あなたが幸せな人生を送るために──幸福
一章 あなたは親の愛を受け止めていますか〈孝行〉
二章 きょうだいの理解を深める〈友愛〉
三章 夫婦のよい関係があたたかい家庭をつくる〈夫婦の和〉
四章 あなたは友だちと信じ合っていますか〈朋友の信〉
五章 小さな言動にも人格は現れる〈恭敬と謙譲〉
六章 他者がいることであなたは存在している〈博愛〉
七章 勉学は職業を生み、知識は才能を伸ばす〈修学習業〉〈智能啓発〉
八章 無名でも魂を磨き、仕事に誇りを持つ〈徳器成就〉〈公益世務〉
九章 自由な人間とは責任をとれる人のこと〈遵法〉
十章 国を豊かにするために何ができるか〈義勇〉
終章 『教育勅語』をさらに理解するために──感謝