学ぶ。みがく。変わる。
HOME 会計・税務・法律 法律・法務 元国税調査官が書く 税金に殺されない経営
元国税調査官が書く 税金に殺されない経営
定価 1,650円(税込)
判型 46判
体裁 並製
頁数 224頁
ISBN 978-4-7612-6973-9
発行日 2014年2月3日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ

電子書籍

  • BookLive
  • honto
  • iBooks
  • kindle
  • Kinoppy
  • kobo
  • Google Play(TM)ブックスGoogle Play™ブックス
  • セブンネットショッピング

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

元国税調査官が書く 税金に殺されない経営

垂水毅 /著 

内容紹介

滞納破綻はあなたの会社でも起きる!

小規模企業の倒産のほとんどは資金繰りの悪化によるといわれているが、
その原因として、売上低迷による収益悪化に加え、
消費税・源泉税などの税金支払が大きな負担になっている。

国税滞納のトップは消費税であり、第2位が源泉税。
法人税は第3位、相続税は4位だ。

本書は20年以上もの間、国税の調査・査察の第一線で行動した著者が、
脱税と倒産原因の実際を書き下ろす。
また、数多くの経営実態を見た体験から、
中小企業の弱点と改革のポイントも解説。

国税の企業調査の手口を知りながら、経営に活かせる社長必読の1冊。
消費税・源泉税……赤字でも税金は追いかけてくる!

著者について

1967年生まれ。高校卒業後、国家公務員初級(現:第3種)の採用試験を経て、国税局へ入り、以後、同局にて26年間勤務。
国税局では、査察部、課税第一部資料調査課・統括国税実査官、総合調査担当国税調査官(連絡調整官)を歴任。
23年間、査察調査、税務調査の現場で勤務し、数多くの大口・悪質・困難な税務調査を経験。
2011年8月東京税理士会へ登録。

目次詳細

はじめに 経営者から見れば、私は“刺客"だった
本書で解説する税務調査とは?

第1章 税務調査はきょうもあなたの会社にやってくる!
調査官が調査に行きたがる企業はここだ!
エピソード1 スムーズで問題なく終わった調査
エピソード2 調査はスムーズだったが、社長も調査官も不快感を覚えた
エピソード3 指摘項目で揉めたが修正申告に応じた調査
エピソード4 指摘項目で揉め、「見解の相違」で裁判にまで進んだ例
エピソード5 個人情報の開示で揉めた例
エピソード6 大きな脱税が発覚した調査
エピソード7 最近増えてきた!? 海外を通した税逃れの調査
エピソード8 銀行口座は架空取引の伏魔殿!?
エピソード9 調査官は重加算税を狙っている
エピソード10 小さな会社でも総合調査が行われる
調査官が企業の税務調査で見逃さないチェックポイント
過大役員報酬、交際費など……不当な調査から企業と社員を守る

第2章 現代の“刺客集団"国税と国税調査官の全貌
国税庁、国税局、税務署。いま、組織の全容はこうなっている
国税調査官、徴収官、査察官……、それぞれの役割の実際は?
毎日が調査漬け? 国税調査官の日々の活動を見る
調査の際の武器となる質問検査権とは?
要領のいい人・悪い人。調査官にも、いろいろなタイプがいる

第3章 調査の方針、調査先の選定、調査手法……企業・社長への税務調査はどう変わってきたか
重点調査方針が年度ごとに各税務署に下りてくる
国の調査方針に対して各国税局・税務署の対応は?
企業調査先の区分けの意味もあった「法人の管理区分」も様変わり!
企業・社長にとって気になる決算書から見た調査先の選定
法人税調査だけではない! 企業、社長の調査内容と税目
事前予告調査、無予告調査、反面調査、調査手法もさまざまだが……
情報資料の収集に活用するKSKシステム
調査チームの組み方や調査のスケジュールは?
年間、月間、何件が目標? 調査官にとってのノルマとは
増えてきた!? 「富裕層と海外資産」の税務調査委
数日間、調べられて調査はどのように終わるのか
調査集結に際して重要な「事実認定」の扱い
「調査手続きの法定化」により税務調査はこう変わった!

第4章 なぜ、企業が税金で破綻してしまうのか?
お金に細かすぎる社長、羽振りのよい社長が破綻する筋道
あなたの金欲が経営をがさつで粗野なものにする
1に源泉税、2に消費税……、傾く企業が陥る税金“アリ地獄"
消費税がダントツ! 滞納する社長の訴えは“言い訳"か?
滞納する負い目に押しつぶされる社長の心理
督促状、延滞税、加算税…… 滞納時の督促・課税はどう進む?
重加算税をめぐる攻防では交渉の余地も生まれる
トドメは売掛金の差し押さえ!? 破綻の本当の引き金は何か
徴収官と交わした約束を破った社長の末路
訴訟の提起で終結する「滞納整理」の実態

第5章 税金に殺されない経営をめざせ!
悪質な調査で起こるトラブルには社長も毅然とした態度を!
納税額を見直すより 経営を見直すことが大切
税金に殺されないための三つの経営の武器
会社の金は入り口(売上)より出口(費用・税金)をチェックする
何より大事なのは「小さな黒字」の積み重ね
利益が出たら節税策より新規事業に回そう
「小さな黒字」を実現させる帳簿の充実のさせ方
滞納しても社長であることを諦めるな!

おわりに 税法はいつまでも未完成なもの