学ぶ。みがく。変わる。
HOME ビジネススキル・キャリア リーダーシップ ディズニーの現場力
ディズニーの現場力
定価 1,404円(税込)
判型 46判
体裁 並製
頁数 192頁
ISBN 978-4-7612-6967-8
発行日 2013年12月20日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング

電子書籍

  • BookLive
  • honto
  • iBooks
  • kindle
  • Kinoppy
  • kobo
  • Google Play(TM)ブックスGoogle Play™ブックス
  • セブンネットショッピング

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

ディズニーの現場力

大住力 /著 

読者様の声

  • 現場研修をするにあたり、大住先生のことを知り読みたいと思いました。読み始めから最後まで納得したり気づきとなったり、大変共感しました。(女性・公務員)
  • 以前より、ディズニーの素晴らしさは語られていますが、自分たちの仕事に活用できる方法がわかりやすく書かれていました。すべてはGive Happinessという「ミッション」のためだということ、勉強になります!(57歳男性・会社員)

内容紹介

毎年2500万人以上が訪れる東京ディズニーリゾート。
それを支えるために1日に2万人もの従業員(キャスト)が働いている。

そのような巨大組織にもかかわらず、
ほとんどの従業員にディズニーの理念が見事に浸透している。

そこには、ディズニーの効率的なしくみとマニュアル、
そして「ここまでやるのか!」
と驚くような仕事に対する「厳しさ」がある。

本書は、著者が在任中に実際に体験したエピソードを軸にしながら、
ディズニー流の「仕事観」を紹介するだけでなく、
ディズニーのしくみやマインド、教育法などを
自らの職場に取り入れる工夫についても解説する。

形だけまねればいいマニュアルチックなノウハウとは違って、
チームそのものの底力をアップする方法をていねいに解説!
サービス業にかぎらず、どんな業種・業態にも役立つ一冊。

著者について

東京ディズニーランド等を管理・運営する㈱オリエンタルランドに入社し、約20年間、人材教育、 東京ディズニーシー、イクスピアリなどのプロジェクトの立ち上げや運営、マネジメントに携わる。
東京ディズニーリゾート全般のマーケット戦略・コンテンツ開発や、人材教育の領域では、現場の 組織活性を目的にディズニーランドの創始者であるウォルト・ディズニー氏の研究会を立ち上げ、 そのリーダーとして現場の指揮向上に努めた。
現在は、難病を患う子どもとその家族への応援を目的とした(非営利組織)公益社団法人 「難病の子どもとその家族へ夢を」を2010年3月に設立し、代表を務める。 2012 年11月に内閣府に公益性を認められ、公益社団法人となる。 「“いま” を生きる」、をテーマに、難病を患う子どもと家族 への応援と共に、誰でもが持っている「底力(ソコリキ)」 を応援するべく、教育現場から、企業の人材育成研修や刑務所の受刑者矯正教育、また講演活動など幅広く活動している。

<その他活動>
・国際ビジネス賞2014年スティーヴィー賞金賞受賞
・東京2020オリンピック・パラリンピックにおけるボランティアサポートセンター・アドバイザー(人材教育担当)
・株式会社ハウステンボス元顧問
・国立富山大学、東京家政大学非常勤講師、山野医療専門学校元講師 ほか

<著書・DVD>
『ディズニーのすごい仕組み』(かんき出版)
『ディズニーの最強マニュアル』(かんき出版)(本・DVD)
『ディズニーの現場力』(かんき出版)
『一生の仕事が見つかるディズニーの教え』(日経BP社)
『もしもディズニーが店長だったら』(日経BP社)
『わたしは、いま、とてもしあわせです』(ポプラ社)

<その他>
ドキュメンタリー映画「Givenギブン~いま、ここ、にあるしあわせ~」企画・総指揮

<メディア出演>
・NHK教育テレビ/福祉ネットワーク(2011年5月 )
・朝日新聞/ひと(2016年4月22日)
・~しあわせの対話ラジオ~大住力のGive Happiness(2014年10月~2015年9月まで)
・週間ホテルレストラン連載 マジカル☆チーム・組織の創り方 ~組織変革&活性でイキイキ&ワクワク!
(2015年08月から現在も連載中)


<公益社団法人「難病の子どもとその家族へ夢を」について>
公益社団法人「難病の子どもとその家族へ夢を[通称:Hope&Wish]」は、全国に20万人以上いる難病を患う子どもとそれを支える家族全員を応援する非営利組織です。難病を患う子どもとその家族との永続的な交流をもとに、“家族” “いのち” “しあわせ”を実感し、社会で共に育み合う場を創出。「難病を患う子どもとその家族全員」と「社会」、双方向の“架け橋”を目指しています。

目次詳細

Prologue なぜ、なくしたはずの指輪がすぐに見つかるのか?
1 奇蹟の「現場力」を生むディズニーのマニュアルの秘密
2 人を動かすためにはメッセージを極限までシンプルにそぎ落とす
3 ディズニーは「2・6・2」の、最後の「2」をあきらめない
4 理由を明確にすれば、面倒な作業も定着させられる
5 ディズニーの人材教育の要。仕事の意味に気づかせるふたつのシステム
6 チーム力を高めるディズニーのコミュニケーション術はどの職場でも活用できる
7 ディズニーでは考えさえて叱るから部下がどんどん伸びる
8 ディズニーにはキャストをよりやる気にさせる「褒めるしくみ」が用意されている
9 ディズニーでは上司が部下に「報連相」する
10 ディズニーではなぜ、「バカッター」が起きないのか?
11 ディズニーの研修は正社員もアルバイトも区別しない
12 ディズニーで学んだ研修に大切なことは原点を思い出させること
13 ディズニーのおもてなしを可能にする4つの行動基準
14 ゲストを幸せにするディズニーの接遇は、質より量が大切
15 ディズニーの高い満足度の秘密は、「I」コンタクトにある
16 ディズニーが使っている、ひと言で相手の心をつかむ魔法のコトバ
17 ディズニーが実践する必ず相手の印象に残る想いの伝え方
18 ディズニーはクレームさえもマジカルチャンスに変える
19 ディズニーランドのバックステージが清潔なのは、パークをきれいに保つため
20 永遠に高い基準を保つ、ディズニーの厳しさ
21 聞く人に魔法をかけるディズニー流プレゼン術
22 ディズニーの会議ではお互いの顔を見ない
23 ここまでやるのか! 夢と魔法の王国を支える綿密なデータ分析
24 ディズニー流、奇蹟を起こす段取り術
25 ディズニーに学ぶ夢を叶える継続力
26 ディズニーで教わった人間関係をよくする秘訣
27 仕事に対する迷いを消してくれるウォルト・ディズニーの教え
28 ディズニーが大切にするミッキーの十戒
Epilogue ウォルト・ディズニーが本当に伝えたかったメッセージ