学ぶ。みがく。変わる。
HOME マネー・投資 マイホーム 2時間で丸わかり 不動産の基本を学ぶ
2時間で丸わかり 不動産の基本を学ぶ
定価 1,650円(税込)
判型 46判
体裁 並製
ISBN 978-4-7612-6925-8
発行日 2013年6月21日

正誤表

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ

電子書籍

  • BookLive
  • honto
  • iBooks
  • kindle
  • Kinoppy
  • kobo
  • Google Play(TM)ブックスGoogle Play™ブックス
  • セブンネットショッピング

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

2時間で丸わかり 不動産の基本を学ぶ

畑中学 /著 

読者様の声

  • プロからも、初めて不動産をする時にはこの本!という人も多く、実務にも参考になる内容で満足しています。(29歳女性・会社員)
  • 不動産業が実際にどのようなことをしているのかを知るには、この本が良いとネット上で何度か見たため購入。非常に具体的でわかりやすかった。(29歳男性・公務員)
  • 宅地建物取引士に合格したものの、実務経験がないため、不安を感じていましたが、教えていただきたい内容がいっぱいで、本当にためになりました!! ありがとうございました!!(43歳女性・主婦)
  • ネットの口コミを見て購入を決めた。タイトル通りの内容で満足した。(25歳男性・管理職)
  • このシリーズはわかりやすく読みやすい。(65歳男性・その他)
  • 昨年、宅建を取得し、来月より不動産会社への転職が決まりました。より広く深く学びたいと思い、こちらの本を手に取りました。とてもわかりやすく内容もスーッと頭に入ります。(36歳女性・事務職)
  • 知識を付けたかったため購入。(18歳男性・学生)
  • 図がわかりやすく入り込みやすい内容。(29歳男性・自営業)
  • 社内業務にて、急きょ不動産売買に関わることとなったため、勉強の手始めにと購入しました。
    (47歳男性・会社員)
  • 不動産業に携わる上で、最低限知っておくべきことを知りたいと思い購入。部下に伝えるときに「この本をまず読め」などと指導に使える。
    (23歳男性・営業職)
  • 賃貸不動産経営管理士試験の受験を思い立ち、受験テキストを探していた。受験に参考になるのでは?との思いから本書を購入しました。(65歳男性・その他)

内容紹介

本書は
「上司に聞かなくとも、最低限の実務知識が身につく」超入門書。

不動産取引の5つのポイント・
融資の基礎知識・値段の決まり方・契約の法律上留意すべき5つのポイント
などの、不動産の基本が2時間でわかる!

著者について

不動産売買のスペシャリスト。年間300件以上の相談を受け、常に顧客のメリットを優先して問題解決にあたる「業界の良心」的な存在。不動産関連書では異例のベストセラーとなった『〈2時間で丸わかり〉不動産の基本を学ぶ』(小社)は5万部を突破。不動産業界の新人用テキストとして人気を博した『不動産キャリアパーソン講座テキスト【入門編】』(全宅連)の共著者も務めている。

1974年生まれ。不動産コンサルタント。宅地建物取引士のほか、公認不動産コンサルティングマスター、マンション管理士、管理業務主任者の資格も保有している。

幼少時に相続問題に巻き込まれ自宅を失ったことで、不動産に強い関心を持つ。東京農業大学大学院で造園を学び、設計事務所に就職。その後、大手不動産会社に転職し7年勤務。不動産の販売・企画・仲介業務に携わり、当時最年少の32歳で支店長となる。リーマン・ショック後の2008年に起業し、武蔵野不動産相談室株式会社を設立。代表取締役に就任。以来、不動産コンサルタントとして全国に活動範囲を広げるとともに、不動産ポータルサイトでアドバイザーを務めている。特に不動産に関わる相続や債務問題のトラブルシューティングを得意とし、解決率は96%。その真摯な取り組みがNHK総合テレビ「おはよう日本」をはじめ、読売新聞、日本経済新聞などで紹介された。不動産業界・建設業界の人材育成にも尽力しており、各業界団体や日本経済新聞社でのセミナーにも登壇している。

著書に、『不動産の落とし穴にハマるな!』(小社)、『はじめて不動産でお金を稼ぐ。』(秀和システム)などがある。

目次詳細

はじめに

第1章 まずは不動産調査から。メジャー1つで8割わかる!
第2章 法務局と役所は情報の宝庫
第3章 不動産取引の流れを知っておこう
第4章 不動産と切っても切れない融資の基礎知識
第5章 不動産の値段はこうして決まる
第6章 最後の仕上げ! 重説と売契で留意すべきポイント