学ぶ。みがく。変わる。
HOME 流通・マーケティング 小さくても仕組みでガンガン売れる会社のつくり方
小さくても仕組みでガンガン売れる会社のつくり方
定価 1,540円(税込)
判型 46判
体裁 並製
頁数 192頁
ISBN 978-4-7612-6919-7
発行日 2013年6月3日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ

電子書籍

  • BookLive
  • honto
  • iBooks
  • kindle
  • Kinoppy
  • kobo
  • Google Play(TM)ブックスGoogle Play™ブックス
  • セブンネットショッピング

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

小さくても仕組みでガンガン売れる会社のつくり方

北岡秀紀 /著 

内容紹介

アベノミクスで市場には好景気感が表れているが、
実体経済はまだまだ消費不況から脱しきれていない。
売り手はあの手この手で顧客獲得に苦労している。
頑張っているのに、相変わらず商品やサービスは売れないのだ。

本書で提案するABCシステムは、
著者が自身のセミナーの「オクゴエ!」で、
社長の指導に実際に使っている方式。

Aはattract(アトラクト=注意喚起)、
Bはbuild(ビルド=構築)、
Cはconvert(コンバート=位置の再交換)、
もしくはcut(カット=切る)のこと

この組み合わせを活用することにより、
現場では営業スキルのないアルバイト社員でも
トップセールスマンに引けを取らず活躍することができ、
さらに、全体の売上アップにつながる。


値引き&安売りはしない
嫌なお客の相手はしない
営業マンのスキルは必要ない

売り込まずに10倍売れる!

画期的な仕組みを紹介!

著者について

オクゴエ!主宰。ひみつきちJ株式会社代表取締役。1979年生まれ。

これまで約1000以上のクライアントのコンサルティングを実施し、数々の店・中小企業・オンラインショップの売上改善を果たす。その成功率は93.8%を 誇る(2013年3月現在)。
単に机上の空論ではなく、「自身で実証済みのノウハウだけを伝える」ことを信条としている。

現在は「100億円企業を1つ作るより、年商1億円の企業を100作る方が幸せな人が増える」を信条に年商1億円突破のコンサルティングに特化。
年商1億円を突破したい社長向けの情報サイト『オクゴエ!』(http://okugoe.com)を主宰。
・インターネットを使った「勝手に売れる仕組み」の構築
・複雑な仕事を高校生アルバイトでも実行可能にする業務プロセスの効率化・標準化・マニュアル化
など、単なる売上アップではなく、社長の働く時間を減らしつつ、会社に利益を残すノウハウを提供している。

また、自分のノウハウを受け継ぐコンサルタントを育てるプログラムを主宰しており、1人あたりの参加費は350万円という超高額にもかかわらず、申し込みが殺到。参加希望者の77%以上を断っている。

オクゴエ!
http://okugoe.com/

ひみつききちJ
http://himitsukichi-j.co.jp/



目次詳細

はじめに
儲かる仕組みの3ステップ〈ABCシステム〉

Prologue 勘違いから脱却する
1.良い商品・良いサービスを作るほど、売れない理由
2.優秀な営業マンを育てれば売れる! が、勘違いである理由

PART1 お客さんの購入プロセスをつかむ
1.購入までの4段階からわかる営業ノウハウの問題点
2.購入までの4段階と営業プロセスを一致させる
3.ABCシステムにはどのようなメリットがあるのか

PART2 見込み客を集める—Attract
1.商品を売るべきお客さんを決める
2.付き合うお客さんを決めるための方法
3.お客さんのペルソナを実際に作る
4.集客のための無料のプレゼントを用意する
5.情報をどのような形にして配るのか
6.どのようなツールでお客さんにアプローチするのか
<事例1>テレアポをやめて、無料プレゼントに変えたら、成約率が3倍に!

PART3 知らないうちに「欲しい」に変える方法—Build
1.Buildのステップで行うこと
2.“先生"という立場を構築する
3.信頼関係を築くための重要な方法
4.人に頼らないBuildの仕組みを作る
<事例2>お客さんのフォローをメールに任せる

PART4 売り込まずに「売る」方法—Convert
1.Convertのステップでまず行うこと
2.スムーズに個別相談へ来てもらう方法
3.どのように商談をするのか
<事例3>営業マンの肩書きを排除、先生にふさわしい名称へ

おわりに