学ぶ。みがく。変わる。
HOME ビジネススキル・キャリア リーダーシップ 「あの人と仕事がしたい!」と言われる「夢とビジョン」を語る技術
「あの人と仕事がしたい!」と言われる「夢とビジョン」を語る技術
定価 1,512円(税込)
判型 46判
体裁 並製
頁数 216頁
ISBN 978-4-7612-6914-2
発行日 2013年5月9日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング

電子書籍

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

「あの人と仕事がしたい!」と言われる「夢とビジョン」を語る技術

野口吉昭 /著 

内容紹介

弱くてもいい、未熟でもいい。
リーダーは、なってみるとなんとも面白いものだ。

累計140万部の著者が、
現場のリーダーがもつべきスキル「夢とビジョンを語る技術」を説く!

市場が成熟しかかっている時代、社会が活気を失いかけている時代には、
マネジメント能力よりも、
夢を追い求め、夢を語り、夢をカタチとしてのビジョンにして、
チームメンバーと一緒に実現するパワーづくりが必要だ。

本書では、
現場のリーダーにいま求められている4つの力

「時代を観て、未来を想う力」
「夢とビジョンを描く力」
「夢とビジョンを語る力」
「チーム力を最大化する力」


を体系立てて解説しています。

その核となるのは、「夢とビジョン」を語ること。
「どうやりたいか」ではなく、「なにをやりたいか」
という想いを込めた「夢とビジョン」を語ることで、
自分とチームをかがやかせ、新しい時代、新しい価値が創造できるのだ!
リーダーの責任は重いが、大きなやりがいに満ちている。

※本書は2003年出版の『夢とビジョンを語る技術』を基に、
章を再構成、大幅な加筆修正をし改訂したものです。

著者について

横浜国立大学工学部大学院工学研究科建築学課程修了。建築設計事務所、ビジネスコンサルティング会社を経て、1993年に人財開発コンサルティング会社の株式会社HR インスティテュートを創業。現在、同社のフェロー/エグゼクティブ・コンサルタント。
また、医療機器メーカーのアルケア株式会社、中目黒のイタリアンレストラン「onda.tokyo」の取締役を務める。

これまで1000社以上の企業、3万人以上のビジネスパーソンに対する人財開発コンサルティングを実施。また、5000冊を超える本を読破してきた読書家でもある。これらの知見から生み出されるコメント力は、ストレートで熱く、的確な意見をもらえると多くの企業やビジネスパーソンから絶大な支持を集めている。

主な著書・編著に、ベストセラーとなった『コンサルタントの「質問力」』(PHP研究所)をはじめ、『プロの「観察力」』(マガジンハウス)、『考え・書き・話す「3つ」の魔法』(幻冬舎)、『ビジネスプラン策定シナリオ』『「ウェイ」のある強い経営』(ともに小社)など100冊以上。

★HRインスティテュートウェブサイト:www.hri-japan.co.jp

目次詳細

はじめに ?あなたには、夢とビジョンを語るリーダーになってほしい?

序章 チームが輝き続けるために

第1章 時代を観て、未来を想う力

第2章 夢とビジョンを描く力

第3章 夢とビジョンを語る力

第4章 チーム力を最大化する力