学ぶ。みがく。変わる。
HOME 会計・税務・法律 経理 決算書を読む技術
決算書を読む技術
定価 1,540円(税込)
判型 46判
体裁 並製
頁数 224頁
ISBN 978-4-7612-6885-5
発行日 2013年1月7日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ

電子書籍

  • BookLive
  • honto
  • iBooks
  • kindle
  • Kinoppy
  • kobo
  • Google Play(TM)ブックスGoogle Play™ブックス
  • セブンネットショッピング

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible
ビジネス基礎体力が身につく

決算書を読む技術

川口宏之 /著 

読者様の声

  • 内定者教育の一環として、この本を読みました。会計というと専門的知識が必須な“難しいもの”というイメージがあり、今まで避けて通ってきた分野でした。しかし、“視覚的にとらえる”という本書のテーマのおかげで、すんなりと頭に入ってきました。さらに知識を深めていきたいと思っています。(22歳男性・学生)
  • セミナーで教えて頂いたことがわかりやすく書籍化してあったと思った。周りに教えていくうえでも活用できるので、部内で回覧したいと思う。(34歳酸性・事務職)
  • 分かりやすく、学べる。部下へもオススメしたい。(33歳男性・会社員)
  • 会社の勉強会で利用するため、初心者にもわかりやすいので購入しました。実際に皆さんから高評価をいただきました。(37歳男性・管理職)
  • 仕事の業務に役立たせるため購入。(61歳男性・会社員)

内容紹介

一般に「会計」とか「決算書」というと、むずかしくて取り組みにくいと思われているが、
そうした固定観念や先入観を一挙に吹き飛ばす技術を紹介!
それはズバリ、「ビジュアルで理解する」ことである。

数値情報だけではうんざりしてしまう決算書も、
図に置き換えれば直感的に理解できるようになる。

図解のレベルを3段階に分けることで、読者は自分の理解度に応じた読み方ができる。
さらに、決算書と会社のビジネスを結び付けて理解することができる画期的な手法を公開。

この方法でこれまでに多くのセミナーを実施し、
参加者から極めて高い評価を得てきた実証済み書き下ろし。

著者について

1975年栃木県生まれ。公認会計士。2000年より、国内大手監査法人である監査法人トーマツにて、主に上場企業の会計監査業務に従事。06年、国内大手金融グループ系証券会社にて、新規上場に伴う引受審査業務および既上場企業のエクイティファイナンスに伴う引受審査業務に従事。
08年、それまでの経験を活かし、ITベンチャー企業の取締役兼CFOに就任。会社の売上が3倍、社員数が4倍に増加する急成長期において、ほぼ一人でバックオフィス業務全般(財務・経理・総務・法務・労務・資本政策・上場準備)を担当。ベンチャーキャピタルからの資金調達、株式交換による企業買収などで成果を上げた。
独立系の会計コンサルティングファームのジャパン・ビジネス・アシュアランス(株)にて、IFRS導入コンサルティング業務やバックオフィス支援業務、各種セミナー講師等を担当する。2019年より独立。

目次詳細

会計的ビジネスセンスを身につけるために まえがき

第1章 決算書の基礎を理解しよう
1.決算書を見て会社の経済活動を知ろう
2.決算書はコミュニケーションツールである
3.会計基準は何のため?
4.そもそも「決算」とは何?
5.決算書はどういう構成になっていいるのか
6.主要な財務3表の役割を知っておこう

第2章 決算書を図で考えるとよく分かる
1.貸借対照表を図に置き換えてみよう
図解・レベル1 安全性が高い会社を見分ける
図解・レベル2 将来のリスクを嗅ぎ分ける
図解・レベル3 会社の実態をさらに詳しく把握する
2.損益計算書を図に置き換えてみよう
図解・レベル1 稼ぐ力がある会社を見抜く
図解・レベル2 経営戦略を図で浮き彫りにする
図解・レベル3 会社の本来の姿を見逃さない
3.キャッシュ・フロー計算書を図に置き換えてみよう
図解・レベル1 3つのC/Fの意味を知る
図解・レベル2 3つのC/Fで会社のタイプが分かる
図解・レベル3 フリーC/Fで健全性を計る
4.主要な財務3表の相互関係を理解しよう

第3章 ビジネスの流れを一瞬で理解できる「取引フロー図」とは
1.取引フロー図を使って取引の実態を把握する
2.分かりやすい取引フロー図の作り方
図解・レベル1 取引とお金の流れをつかむ
図解・レベル2 黒字倒産の原因を理解する
図解・レベル3 資金繰りの改善方法を押さえる
3.アップル躍進の秘密はCCCにあった
4.売れば売るほどお金が減っていくミステリー

第4章 お金は動かないが利益は動く会計特有の考え方
1.「減価償却」の仕組みを図解で理解する
2.「引当金」の仕組みを図解で理解する
3.「のれん」の仕組みを図解で理解する

第5章 さぁ! 実践トレーニングをしてみよう
1.使って使って使いまくる!
2.決算書の簡単な入手方法は?
3.開示対象の決算書の種類は?
4.もっと会計を学びたい意欲的なあなたへ
あとがき