学ぶ。みがく。変わる。
HOME 自己啓発・人文科学 自己啓発 変われる人
変われる人
定価 1,540円(税込)
判型 46判
体裁 並製
頁数 224頁
ISBN 978-4-7612-6807-7
発行日 2012年1月6日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ
  • 学参ドットコム

電子書籍

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

変われる人

鮒谷周史 /著 

内容紹介

自分の可能性に気づき、殻を破ることができるほんの一握りの人とは?

周りからは信頼され期待され、今の仕事にそれほど不満はない。
でも、
「自分にはもっと違う可能性があるのではないか、
もっと変われるのではないか---」
と思っている人はたくさんいる。
一方で、どんどん自らを作り替え、進化、成長し続ける人もいます。

では、両者の違いは何か。

読者数およそ20万人、
通算3000号を数えるビジネスメルマガ
「平成進化論」
発行人の著者が、
約8000人のキーパーソンと会食し、
そこでの学びや気づきから導き出された
「自分の殻の破り方」。

著者について

大阪府出身。甲陽学院中学校・高等学校卒業。早稲田大学商学部卒。

大手情報出版社での営業を経て、米大手通信会社ワールドコムの日本法人に。
2002年、同社アメリカ本社の巨額粉飾決算発覚。
当時、アメリカ史上最大規模となった経営破たん(負債総額410億ドル)に巻き込まれ、同年12月に退職。

この出来事をきっかけとして起業。
会社設立と同時に独自の「かけ算」思考により、ビジネスを飛躍的に成長させ、複数の高収益企業を経営(うち1社はその後、上場企業へ営業譲渡)。
現在は、上場企業をはじめとする複数の企業の顧問、海外を含む20社を超えるベンチャー企業への出資、ならびに経営支援等を行う。

また、海外で活躍する日本人起業家・ビジネスパーソンを応援する目的で経営者仲間4人とともにJBN(在留邦人ビジネスネットワーク)を設立、世界十数カ国でボランティア講演を行うなど多方面で活躍。

趣味は昼・夜合わせて、年間平均500回ペースでの会食。
起業以来、会食した人は延べ8000人以上。
起業家・経営者から各界の専門家まで、多くのキーパーソンから学んだことを執筆する日刊メールマガジン『平成進化論』は、個人発行としては日本最大級のビジネスメルマガ。
約20万人の経営者、ビジネスパーソンから「希望や勇気、学びを得られる」と絶大な支持を得ている。

主な著書『「かけ算」思考ですべてが変わった』(かんき出版)。

目次詳細

なぜ、人は変われないのか│まえがきにかえて

第1部 出会いが人生を変える

1 封印されていた好奇心が解き放たれる瞬間
2 多くの人生に触れ、理想のあり方を編集する
3 ロールモデルは普遍的な存在ではない
4 複数のロールモデルから自分オリジナルの道をつくる
5 人生変革のスイッチは感動体験によって押される
6 再起のエネルギーを与えてくれる先人たちの逆転体験談
7 人生の設計図をつくるための時間を確保する
8 百聞は一見にしかず
9 理想の世界で生きるためのルールを学ぶ
10 夢や理想を実現している人に接してイメージを膨らませる
11 セミナーや講演会は人と直接的に出会う第一歩
12 自分の日常から一歩踏み出し理想の人生を探し求める旅に
13 大先輩には謙虚な姿勢で教えを請う
14 若いからこそ提供できる資源がある
15 一期一会の精神で他者の人生にプラスの気持を残す
16 偉大な存在に憧れる気持ちが生きる原動力となる
17 ダメ人間の復活事例が希望を与えてくれる
18 無数のロールモデルをもたらしてくれる読書術
19 読書は一気呵成に「著者ごと」「ジャンルごと」
20 著者の人生を擬似体験して自分の理想の人生を形づくる
21 「書物× 謦咳に接する」加速学習法
22 「あり方」を知った上で「やり方」を学ぶ
23 情報発信が好ましい出会いを引き寄せる
24 万難を排して出会いのチャンスを待つ
25 情報発信していちばん得をするのは自分自身
26 「没入× 組み合わせ」で独壇場をつくりだす
27 没頭することで、点がつながり道となる
28 「適所」に身を置いて自分らしい人生を生きる
29 「陸に上がった河童」ではなく「水を得た魚」に
30 有能領域を磨き上げ、一点突破で道を切り拓く
31 最も自然体でいられる環境を手に入れる
32 ビジネスパーソンなら誰しも「好き」を「仕事」にできる時代


第2部 人との出会いでわかった成長する人の考え方

33 賢者は他人の経験に学び、愚者は自分の経験に学ぶ
34 抽象化能力を磨いてビジネスの成功パターンを捉える
35 「人生年表」が人生の波を教えてくれる
36 「人間万事塞翁が馬」と知れば人生の急上昇・急降下も怖くない
37 人とのご縁で生かされているのが成功者のパターン
38 偉人伝から得た教養が先輩とのコミュニケーションをサポートする
39 自分にとっての成功パターンを編纂して教科書をつくる
40 せっかくの成功方程式も言語化しないとムダになる
41 言語化した成功方程式は持ち運び可能な無形財産
42 成功方程式は味と栄養のバランスのとれた「分搗き米」で
43 ことわざや故事成語からは「教訓」と「エピソード」を同時に学ぶ
44 先輩の武勇伝に埋め込まれた「教訓」を受け止める
45 人生の明確な目標が日常の学びを推し進める
46 美点凝視の姿勢で、出会う人すべてから学びを得る
47 概念をメタファー(比喩)に置き換え、「思考の橋頭堡」を築く
48 高い言語化能力をもった成功者から積極的に学ぶ
49 良い思考習慣が、良い行動習慣、良い人生をもたらす
50 コンマ以下の差から生じる圧倒的な差
51 大きめの風呂敷を広げ、たたむ習慣が、自分を鍛えてくれる
52 継続することで、時間の力を味方につける
53 大事なのは勉強することではなく、日々勉強し続けること
54 ビジネスの時間投資は短期より長期重視で考える
55 非日常の体験が長期視点の投資となる
56 短期投資とムダ時間は極限に抑え、長期投資に振り分ける
57 逓増していくシステムを所有して快適な人生を送る
58 「なる発想」のシステムが無形資産を逓増させる
59 他者にコントロールされる人生から、自分がコントロールする人生へ
60 「無用の用」が効率化の危険なワナから救ってくれる
61 「術」よりも「道」を目指し、自らの差別化要因を確立する
62 合理化した時間で非合理な時間を楽しむ
63 好奇心(感動)と知識欲の無限循環が新しい世界を拓く
64 効率化の対極にあるオタクの発想が真の革新を生みだす
65 オタク道の先に充足の人生が待っている