学ぶ。みがく。変わる。
HOME 会計・税務・法律 経理 はじめての人の経理入門塾
はじめての人の経理入門塾
定価 1,430円(税込)
判型 46判
体裁 並製
頁数 208頁
ISBN 978-4-7612-6761-2
発行日 2011年7月8日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ
  • 学参ドットコム

電子書籍

  • BookLive
  • honto
  • iBooks
  • kindle
  • Kinoppy
  • kobo
  • Google Play(TM)ブックスGoogle Play™ブックス
  • セブンネットショッピング

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible
まずはこの本から!

はじめての人の経理入門塾

栗山俊弘 /著 

内容紹介

はじめて経理に配属されたら、誰でも戸惑うもの。本書は、そうした経理初心者に向け、経理の仕事の基本をやさしくまとめた入門書。
簿記の基礎知識から、伝票の書き方や帳簿への転記といった日常業務の進め方、さらに年末調整や決算事務などの経理の仕事が、マンガとイラストで楽しく理解できる内容。

著者について

税理士・中小企業診断士。1981年、中央大学商学部会計学科を卒業後、マックス株式会社入社。経理部で管理会計、財務会計、資金業務に従事した後、企画室にて経営企画を経験。その後、KPMGピートマーウィック(現KPMG税理士法人)を経て、1995年、栗山税務会計事務所を設立。財務・会計・上場支援など各種コンサルティング業務にかかわっている。
著書に、『新社会人のための経理の仕事』『経理の仕事がよくわかる本』(いずれも、日本能率協会マネジメントセンター)、『もっともわかりやすい経理部の仕事』(PHP研究所)、共著に『図解でわかる部門の仕事 経理部』(日本能率協会マネジメントセンター)などがある。

目次詳細

はじめに

PART1 経理はどんな仕事をしているの?

【経理とは】経理の仕事の全体像をつかもう
◇会社のお金を記録して管理する
◇会社の儲けや損を計算する
【経理の役割】社内と社内とのかかわりを知っておこう
◇経理は社内でどんな役割があるの?
◇経理は社外の人とどうかかわっているの?
【仕事の種類】どんな仕事をするのか押さえておこう
◇経理部門全体の仕事を知っておこう
◇若手(入門者)の仕事
◇中堅(中級者)の仕事
◇責任者(管理者)の仕事
【仕事のスケジュール】経理の仕事の流れをつかんでおこう
◇「毎日」「毎月」「1年」に分けてつかむ
◇毎日の仕事を知っておこう
◇毎月の仕事を知っておこう
◇年1回の仕事を知っておこう
【取引の記録方法】取引を記録する書類を知っておこう
◇取引を記録する書類がある
◇証憑で確認して伝票を起こし、帳簿に転記する
【記入のしかた】帳簿をつけるときの注意点を押さえておこう
◇数字は楷書体でていねいに書く
◇記入した数字を訂正する場合はどうする?
◇斜線や二重線の意味は?
◇数字の読み方のコツは?
【仕事を覚えるコツ】専用のノートに知識を書き込もう
◇ノートをつくると仕事を覚えやすくなる
◇経理の仕事でいちばん大事なこと
経理の基本用語

PART2 経理の仕事をするために必要な簿記の基本

【簿記の基本】仕訳のやり方を理解しよう
◇簿記はお金の出入りを記録するルール
◇家計簿は単式簿記でお金の流れを記録する
◇会社の取引は複式簿記で記録する
◇実際の仕訳例で確認してみよう
◇仕訳の進め方を押さえよう
◇現金の増減にかかわる仕訳のルール
【勘定科目と仕訳】勘定科目を使った仕訳のルールを押さえよう
◇勘定科目は取引を集計するための「項目名」のこと
◇勘定科目には5つのグループがある
◇勘定科目を5つのグループに区分しよう
資産のグループを押さえよう
負債のグループを押さえよう
純資産のグループを押さえよう
収益のグループを押さえよう
費用のグループを押さえよう
【仕訳のルール】仕訳の8つの組み合わせを覚えておこう
◇仕訳の8つのルールと組み合わせをひたすら覚える
◇仕訳例で8つの組み合わせを覚えよう
【会計伝票の使い方】仕訳を起こすときは会計伝票を使う
◇取引を仕訳して伝票を起こす
◇伝票を転記して主要簿をつくる
◇主要簿を補完するために補助簿をつくる
【決算書の内容】勘定科目の5つのグループを2つに表に分ける
◇決算書での5つのグループの分け方
◇決算書は残高試算表をもとにつくる
【決算書の作成手順】作成した各種帳簿から決算書をまとめる
◇簡単な例で決算書の作成手順を押さえよう
◇決算書は財産と経営の状況をあらわす

PART3 経理の毎日の仕事をマスターしよう

【毎日の仕事】1日のスケジュールを押さえておこう
◇日々の仕事の中心は現金出納業務と預金業務
◇1日の終わりには残高を合わせる
【現金出納業務】入金伝票や出金伝票などを整理して現金出納帳をつける
◇現金の入金と出金の手続きをする
◇入出金は証憑と引き換えに行う
◇1日の終わりに現金残高を出す
◇現金出納業務で扱う入出金はどんなもの?
◇仮払金の出金と精算の進め方を押さえよう
◇領収書を発行する手順を押さえよう
【小切手の取り扱い】小切手は振出日の翌日から10日以内に換金する
◇小切手は現金の代わりに使われる
◇小切手の振り出し
◇小切手の受け取り
【手形の取り扱い】支払うときは支払手形、受け取ったときは受取手形
◇手形は代金の決済に使われる
◇支払手形の扱い方
◇受取手形の扱い方
◇手形割引の利用のしかた
【預金業務】当座預金や普通預金の入出金を管理する
◇預金の管理も経理の大事な仕事
◇資金の過不足を計算する
◇振込手続きで注意すべき点
◇不明な入金は仮受金で処理する
◇実際残高と帳簿残高を合わせる
【取引の仕訳】会計伝票で正しく仕訳する方法
◇入金伝票と出金伝票の扱い方
◇預金の仕訳も基本は現金と同じ
◇売掛金の仕訳を押さえておこう
【経費の勘定科目】迷いやすいのは経費の勘定科目
◇代表的な経費の勘定科目を押さえよう
【書類のファイリング】毎日の取引記録はきちんと保存する
◇取引の事実を証明できるようにする
◇保存すべき書類と保存期間

PART4 経理の毎月の仕事をマスターしよう

【毎月の仕事】1カ月のスケジュールを押さえておこう
◇月の前半は月次決算の業務が中心
◇月の後半は給与支給の業務が中心
【売掛金の計上】売掛金と売上は引渡基準に従って計上する
◇売上の多くは売掛金になる
◇売上の計上基準を押さえておこう
◇受注から販売までの流れを知る
【買掛金の計上】受け取った請求書の仕入と買掛金を計上する
◇注文から支払いまでの流れを知る
【経費の計上】経費の支払い方法と計上する時期
◇経費の支払い方法には3つある
◇経費は会計期間に応じて計上する
【利息や配当金の仕訳】利息や配当金にかかる税金を計上する
◇受取利息にも税金がかかる
◇受取配当金にも税金がかかる
【借入金の仕訳】短期と長期に分けて借入金を計上する
◇1年以内かどうかで分ける
◇借入金と支払利息に区分して仕訳する
【月次決算の準備】売掛金勘定などの残高明細を確定させる
◇会計伝票から決算書をつくるまでの流れ
◇得意先元帳を作成する
◇消し込み作業をする
◇試算表は3種類ある
◇試算表から決算書をつくる
【月次決算を行う】経営に役立てるために毎月決算を行う
◇月次決算から経営成績や財政状態がわかる
◇月次決算はできるだけ早く報告する
【売上原価の計上】仕入れたものは販売時に売上原価に計上する
◇売上原価とはどのようなもの?
◇売れたときに売上原価として計上する
◇売上原価の計算方法
【在庫の計上】商品在庫の仕訳の進め方
◇まずは棚卸資産を確認する
◇商品在庫一覧表を作成してもらう
◇商品を計上するときの仕訳
【減価償却費の計上】固定資産の減価償却費は月割りで計上する
◇固定資産は3つに区分される
◇減価償却費とはどんなもの?
◇減価償却の主な方法は2つ
◇減価償却費の仕訳を覚えよう
◇減価償却費は月割りで計上するう
◇固定資産の売却などの処理を覚えよう
【賞与と法人税の計上】見込みの額を月割りで計上する
◇賞与は毎月平均して計上する
◇法人税は概算で計上する
【消費税の課税区分の確認】月次決算を締める前に消費税の課税区分を確認する
◇消費税は消費者から預かった税金
◇税抜経理と税込経理の方法
◇消費税の課税区分ごとに集計する
◇課税区分が正しいことを確認する
【給与支給の業務】支給総額から支給控除額を引いて振り込む
◇給与の締め日と支給日とは?
◇まずは給与総額と支給額を確定させる
◇実際に支給する金額を計算する
◇支給額から引かれる金額を計算する
【社会保険料の計算】各種社会保険の保険料を算出する
◇健康保険と厚生年金の手続きしかた
◇労働保険の手続きのしかた
【所得税と住民税の計算】所得税は税額表で計算、住民税は通知書の金額を控除する
◇所得税の源泉徴収とはどんなもの?
◇住民税は通知書の金額を控除する

PART5 経理の年1回の仕事をマスターしよう

【年1回の仕事】年間のスケジュールを押さえておこう
◇年末には年末調整を行う
◇年度末で締めて決算を行う
【年末調整】源泉所得税の預かり過ぎや不足額を調整する
◇年末調整とは?
◇所得税を計算する
◇個人の事情によって控除額が変わる
【年末調整の手順】手順にそって源泉徴収簿を完成させる
◇まずは年間の支給額などを集計する
◇その1 給与所得を求める
◇その2 課税給与所得金額を求める
◇その3 年税額を計算して税額を精算する
◇その4 源泉徴収票と給与支払報告書を作成する
【年度末決算手続きの流れ】年度末決算の目的と時期、手続きの流れを把握する
◇決算手続きの流れを押さえよう
◇決算書をつくる目的と時期を押さえよう
【売上や仕入の締め】売上と仕入を締めて未払金を計上する
◇まずは売上を締める
◇次に仕入を締める
◇売上と仕入を締めたら未払金を計上する
◇経過勘定の内訳明細をつける
【決算調整】減価償却費や引当金を計上する
◇決算調整では減価償却費や引当金を計上
◇減価償却費を計上する
◇引当金を計上する
◇代表的な引当金を覚えておこう
貸借対照表の例
損益計算書の例
【申告と納税】申告書を作成して法人税などを納める
◇税金の決算書をつくる
◇期末から2カ月以内に納付する