学ぶ。みがく。変わる。
HOME 経営 経営読み物 湘南の風に吹かれて豚を売る
湘南の風に吹かれて豚を売る
定価 1,540円(税込)
判型 46判
体裁 並製
頁数 224頁
ISBN 978-4-7612-6645-5
発行日 2009年11月16日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ
  • 学参ドットコム

電子書籍

  • BookLive
  • honto
  • iBooks
  • kindle
  • Kinoppy
  • kobo
  • Google Play(TM)ブックスGoogle Play™ブックス
  • セブンネットショッピング

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

湘南の風に吹かれて豚を売る

宮治勇輔 /著 

内容紹介

「これまでよしとされてきた資本主義という仕組みだけではどうやら幸せに暮らせそうもない」———そう感じているが、具体的に何をしていいのかわからない「78世代」(1978年以降に生まれた世代)に読んで欲しい1冊。
きつい、汚い、かっこ悪いの3K産業に飛び込んで起業した著者が見つけた既存のルールに囚われない働き方、考え方のヒントが満載です。
働くことの意味、起業を考えている人にもおすすめ。

著者について

1978年神奈川県藤沢市に養豚農家のこせがれとして生まれる。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、(株)パソナ入社。「いつかは起業したい」との思いから、会社員時代は早朝の勉強が習慣に。実家の養豚業のことが頭から離れず農業の本を買いあさって読み続ける。「一次産業をかっこよくて・感動があって・稼げる3K産業にする!」との思いから、05年同社を退職。「まずは実家の養豚業を何とする」ために、収入月3万円のバーベキューで起業することを決意。そして、お客さんの声を直接聞き、価格の決定権を戻すという仕組みをつくる。(これまでの一次産業は生産から出荷までを農家が行い、どう流通して誰が食べているのかがわからなかった)06年に父親から引き継いだ養豚業を法人化、株式会社みやじ豚を設立。同社代表取締役社長。友達や知り合いに声をかけて始まったバーベキューは口コミで広がり、現在では個人向けの直販だけでなく、「みやじ豚」は全国の高級レストランなどにも取引されるようになる。
(株)みやじ豚のほか、湘南で活躍する起業家らを支援するNPO法人湘南スタイルに参画、09年には就農間もない農家が自律するためのマーケティングとブランディングを支援する場としてNPO法人農家のこせがれネットワークを設立。同NPO代表理事CEOを務める。趣味は読書とバーベキュー。

目次詳細

プロローグ

第1章 人なし・知恵なし・収入は月3万円
僕が起業するまで

第2章 「農」をプロデュース!
農業プロデューサーという仕事

第3章 お客さまは「友だち」です。
僕の商売のやり方

第4章 ついでに理念も売ってます。
小さくても強いブランドになる方法

第5章 日本の農業を変える
農家のこせがれネットワーク設立へ

第6章 いまの仕事から大きな夢を描くための8の法則

エピローグ