学ぶ。みがく。変わる。
HOME 経済・政治・社会 国際情勢 手にとるように中国がわかる本
手にとるように中国がわかる本
定価 1,540円(税込)
判型 46判
頁数 256頁
ISBN 978-4-7612-6558-8
発行日 2008年11月4日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ

電子書籍

  • BookLive
  • honto
  • iBooks
  • kindle
  • Kinoppy
  • kobo
  • Google Play(TM)ブックスGoogle Play™ブックス
  • セブンネットショッピング

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible
理解できる隣人か、非常識な他人か?

手にとるように中国がわかる本

宇佐美暁 /著 

内容紹介

WTOに加盟し、オリンピック開催を果たした「大国」中国。その経済発展に伴い、日本と中国の関係も企業間を中心に深まりを見せている。だが、「政冷経熱」の例え通り、その関係は複雑だ。本書は、中国を理解するための政治・経済・文化の基本的な事柄から、環境問題や資源問題、食中毒事件や偽造品、貧富の格差や暴動など中国の抱える問題までを網羅する。

著者について

1993年慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修了。三菱総合研究所海外事業研究センター国際政策研究グループリーダー、主任研究員。

目次詳細

PART1 中国と中国人の本質
1中国人の発想や行動は日本人とどう違うか
2華僑・華人パワーはどれほど強いのか
3中国が強大になると何が脅威なのか
4中国の多様性ゆえにかかえる問題は何か
5中国にはナショナリズムがあるのか
PART2 中国の社会と暮らし
1中国の人口が増え続けると何が困るのか
2食の安全は確保されるのか
3砂漠化・水不足はどれほど深刻なのか
4環境問題に対する中国の姿勢は?
5地域間の貧富の格差はなくなるのか
6失業問題はさらに深刻になるのか
7 13億人の社会保障はこれからどうするのか
8中国の教育への取り組みはどれほど真剣か
9インターネットは中国社会をどう変えるか
10四川大地震でどんな問題が浮かび上がったのか
PART3 中国の政治と外交
1中国の政策が決定されるプロセスは?
2中国共産党の一党支配はなぜ続くのか
3リーダー胡錦濤、温家宝は何をめざすのか
4中国指導部の新体制をどうみたらよいのか
5中央政府と地方政府はなぜ対立するのか
6共産党や政府の幹部腐敗はなくなるのか
7一党支配体制の下で民主化は進むのか
8世界での位置づけを中国はどうみているか
9オリンピックを開催した中国のねらいはどこか
10中国はどの国との関係を重視しているのか
11中国返還後の香港はどうなったか
12台湾は強大になる中国に統一されるのか
13中国は朝鮮半島にどうかかわっていくか
14中国の軍隊はどのくらいの実力なのか
PART4 中国の経済
1中国経済はこれからどうなっていくのか
2中国は高成長を今後も続けていけるのか
3中国の経済格差と経済政策はどうなっているのか
4中国の市場経済はうまく進んでいるのか
5中国株式市場はどうなっているのか
6中国市場で外資系企業が直面する課題は何か
7中国の貿易は引き続き拡大していくのか
8エネルギー・資源確保をどう進めているのか
9中国の物価・財政政策はうまくいくのか
10民営企業の台頭はどこまで期待できるか
11中国人民元の動向とそれによる影響は?
12人口増で食糧不足に陥る危険性はないのか
13中国の東アジアでの経済戦略はどうなっているのか
14中国と南アジアとの経済関係はどうか
PART5 中国の産業
1WTO加盟で中国経済はどう変わったのか
2WTO加盟後、投資にかかわる問題はどうなったか
3中国はどの産業に力を入れているのか
4中国の製造業はどのくらいすごいのか
5小売・流通・サービス業はどういう状況か
6産業界はどのように再編されているのか
7中国のIT化はどのように進んでいるのか
8物流網は広大な国土をどうカバーするのか
9外資系企業の中国直接投資は期待十分か
10日米企業で中国参入の方法はどう違うか
11中国製のニセ物の横行は続いていくのか
12メイド・イン・チャイナの国際競争力は?
13台湾企業は中国にどう食い込んでいるのか
PART6 中国と日本の関係
1成長著しい中国に支援は必要なのか
2日本と中国はわかり合えるのか
3日本と中国は貿易相手国として重要なのか
4日本は中国にどのように投資しているのか
5中国人は日本をどのようにみているのか
6日中間の防衛交流は深まっているのか