学ぶ。みがく。変わる。
HOME 経営 経営 ビジネスプラン策定シナリオ
ビジネスプラン策定シナリオ
定価 2,860円(税込)
判型 A5判
頁数 352頁
ISBN 978-4-7612-5954-9
発行日 2001年9月12日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ
  • 学参ドットコム

電子書籍

  • BookLive
  • honto
  • iBooks
  • kindle
  • Kinoppy
  • kobo
  • Google Play(TM)ブックスGoogle Play™ブックス
  • セブンネットショッピング

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible
事業化に成功するための10のステップ

ビジネスプラン策定シナリオ

HRInstitute /著  野口吉昭 /編 

内容紹介

"ビジネスプランとは、パートナーが、より自分たちのファンになってもらうためのラブレターだ。自分たちの高き志、考え、仕組み、仕掛けを熱い思いでロジカルにまとめたものだ。思いだけでも不十分。データだけでも不十分。思いと客観化の統合が、求められるのだ。この意味でビジネスプランは、「客観的"" 志""!」と言える。

事業成功者には共通する話し方がある。それは、「私は、***がしたい!」という言葉だ。したいこと・すべきこと・できること---スタートは、したいこと! だ。しかし、したいことだけではなく、できることと、すべきことの擦り合わせば不可欠だ。この擦り合わせこそが、ビジネスプランなのだ。

本書で、ぜひビジネスプラン策定のスキルと司時に、真なるビジネス・マインドも一緒に学んでいただけると幸いである。「客観的""志""!」が、ビジネスプランだからだ。"

著者について

HRInstitute
同社のミッションは「主体性を挽き出す」。「使えるコンサルティング」を意識した実践性、即効性を重視している。現場重視のプログラムを多くの企業、団体で展開中。ビジョン&戦略シナリオ策定、マーケティング戦略シナリオ策定、仮説提案型営業への変革、社内ベンチャープログラムなどを、コンサルティング、ワークアウト(コンサルティング×研修)、研修プログラムの3つのスタイルで実施。

野口吉昭
横浜国立大学工学部大学院工学研究科建築学課程修了。
建築設計事務所、ビジネスコンサルティング会社を経て、1993年に人財開発コンサルティング会社の株式会社HR インスティテュートを創業。
現在、同社のフェロー/エグゼクティブ・コンサルタント。
また、医療機器メーカーのアルケア株式会社、中目黒のイタリアンレストラン「onda.tokyo」の取締役を務める。

これまで1000社以上の企業、3万人以上のビジネスパーソンに対する人財開発コンサルティングを実施。
また、5000冊を超える本を読破してきた読書家でもある。これらの知見から生み出されるコメント力は、ストレートで熱く、的確な意見をもらえると多くの企業やビジネスパーソンから絶大な支持を集めている。

主な著書・編著に、ベストセラーとなった『コンサルタントの「質問力」』(PHP研究所)をはじめ、『プロの「観察力」』(マガジンハウス)、『考え・書き・話す「3つ」の魔法』(幻冬舎)、『ビジネスプラン策定シナリオ』『「ウェイ」のある強い経営』(ともに小社)など100冊以上。

目次詳細

プロローグ ビジネスプラン策定の手順

1.ビジネスモデルとは何か?
2.ビジネスプランの種類と策定のタイミング
3.良いビジネスプランはどこが優れているのか?
4.10のステップでビジネスプランを策定する
5.ビジネスモデル&ビジネスプランのプラットフォーム

第1章 ビジネスモデルの背景・問題意識を明確にする

1.ビジネスモデルのアイデアはどうやって生まれているのか?
2.アイデアが生まれた背景・問題意識を整理する
3.ビジネスモデルの背景・問題意識を描く

第2章 ビジネスモデル・コンセプトを仮説化する

1.ターゲットを明確にする
2.ベネフィット&ソリューションを明確にする
3.利用シーンからビジネスモデルの具体的なイメージをつかむ
4.ビジネスモデル・コンセプトの仮説を構築する

第3章 コンセプトの仮説を検証する

1.情報収集の方法論
2.調査を実施する
3.調査レポートをつくる
4.市場&競合分析で仮説を精緻化する

第4章 ベンチマーキング&ベストプラクティス分析を実施する

1.ベンチマーキング分析の概要
2.ベンチマーキング分析を実施する
3.ベストプラクティスになって「いいとこ取り」をする

第5章 ドメインを決定する

1.ターゲット&ベネフィット&ソリューションを体系化する
2.ビジネスモデル・コンセプト体系を構築する
3.ビジネス・ドメインをまとめる
4.ビジネスモデル構築をまとめる
5.ビジネスモデル特許のテーマを整理する

第6章 市場規模を算定する

1.何をもって「市場規模」とするのか?
2.市場規模算定の方法論
3.市場規模を算定する

第7章 ビジネス・ビジョンを設定する

1.ビジネス理念を決める
2.定量目標・定性目標を設定する

第8章 ビジネス戦略体系を構築する

1.ビジネス戦略体系の考え方
2.戦略オプションを3つ~5つ考える
3.基本戦略を決定する
4.個別戦略をチャートで表現する

第9章 ビジネス戦略をアクションに落とし込む

1.戦略ツリーのつくり方
2.戦略ツリーからアクションプランに落とし込む
3.ビジネスモデル特許の最終検討と申請プロセス

第10章 事業収支プランを立てシミュレーションで検証する

1.事業収支プランを作成する際のポイント
2.「予想損益計算書」を作成する
3.「予想キャッシュフロー計算書」を作成する
4.事業収支をシミュレーションする
5.資金調達の方法