学ぶ。みがく。変わる。
HOME 学習参考書 高校の生物基礎が1冊でしっかりわかる本
高校の生物基礎が1冊でしっかりわかる本
定価 1,540円(税込)
判型 B5判
体裁 並製
頁数 192頁
ISBN 978-4-7612-3069-2
発行日 2022年6月22日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ
  • 学参ドットコム

電子書籍

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

高校の生物基礎が1冊でしっかりわかる本

大森 徹 /著 

内容紹介

「1冊でしっかりわかる」シリーズの「高校の生物基礎」は、次の7つの強みを持った本です。
●高校の生物基礎の内容が短時間で「しっかり」わかる!
●範囲とレベルは高校の教科書と同じ!新学習指導要領にも対応!
●各項目のポイントがギュッとまとまっているのでスッと頭に入る!
●わかりやすく親しみやすい「解説」と「イラスト」
●各章末のまとめ問題で知識がしっかり定着!
●探求心が芽生えた人のために「発展」内容を掲載!
●高校1年生から大人まで、「生物基礎」の面白さがわかる一生ものの1冊!

生物基礎では、大きく次の6つの内容を学習します。
1.生物の多様性と共通性
2.遺伝子とその働き
3.恒常性
4.免疫
5.植生と遷移
6.生態系と保全

高校生の文系の皆さんは、共通テストで生物基礎が必要な科目になることと思いますが、この本は共通テスト対策の第一歩としても非常に有効な内容になっています。 また、通常の学習の際の予習や復習用として、中間テストや期末テスト対策としても役立ち、生物基礎を楽しく学ぶことができる1冊です。

著者について

「無理なく、無駄なく、楽しく学ぶ」をモットーに、生物が苦手という受験生にも生物を好きになってもらいたい、生物の多様性の重要性を実感してもらいたいと、日々奮闘している。予備校での受験生への講義だけでなく、高校教員へのセミナーや保護者への講演、そして参考書、問題集などの執筆活動に明け暮れている。唯一の癒しは、クラシック音楽や娘のマリンバ演奏を聴きながら、愛猫と戯れること。秘かにヴァイオリンの練習と、独学でドイツ語を勉強中。著書に『大森徹の最強講義117講 生物』『入試標準問題集[生物基礎・生物]』(ともに文英堂)、『大森徹の生物 実験・考察問題の解法』『生物基礎問題精講』(ともに旺文社)、『理系標準問題集 生物』『生物 理系上級問題集』(ともに駿台文庫)、『大学入学共通テスト 生物が1冊でしっかりわかる本』『大学入学共通テスト 生物基礎が1冊でしっかりわかる本』(かんき出版)など、わかりやすさで大評判の著書多数。

目次詳細

PART1 生物の多様性と共通性
1 生物の特徴 2 多様な細胞 3 細胞の構造 4 生命活動とATP
5 酵素、呼吸、光合成
PART2 遺伝子とその働き
6 DNAの構造と遺伝情報 7 遺伝子の本体を調べる実験 8 DNA複製
9 染色体と細胞周期 10 遺伝子発現とタンパク質
PART3 恒常性
11 体液の組成と血液凝固 12 血液循環 13 自律神経系 14 ホルモン
15 血糖濃度の調節 16 体温調節 17 肝臓と腎臓 18 水分量の調節
PART4 免疫
19 自然免疫 20 獲得免疫 21 免疫と病気
PART5 植生と遷移
22 植生 23 遷移 24 世界のバイオーム 25 日本のバイオーム
PART6 生態系と保全
26 生態系の構成 27 人間活動と生態系 28 生物多様性と生態系の保全