学ぶ。みがく。変わる。
HOME 学習参考書 高校の公共が1冊でしっかりわかる本
高校の公共が1冊でしっかりわかる本
定価 1,430円(税込)
判型 B5判
体裁 並製
頁数 224頁
ISBN 978-4-7612-3060-9
発行日 2022年3月9日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ
  • 学参ドットコム

電子書籍

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

高校の公共が1冊でしっかりわかる本

吉見 直倫 /著 

内容紹介

□SDGs(持続可能な開発目標)17の目標を実現するためには、どのような取り組みが必要?
□バイオテクノロジーの発展には、どのようなプラスの面とマイナスの面があるのだろう?
□日本国憲法には直接書かれていない「新しい人権」は法的に認められるの?
□経済のグローバル化や時代の変化によって、労働や雇用に関する法律はどのように変わった?

今こそ知りたい92の最新テーマで、社会とのかかわり方が見えてくる!

【この本の5つの強み】


その1
新科目「公共」が、学びの内容からしっかりわかる!

その2
課題探究学習に必要な視点や考え方が身につく!

その3
各分野のポイントや基礎知識を効率よく確認できる!

その4
わかりやすいイラスト+図解で、スッキリ理解できる!

その5
巻末の「意味つき索引」が、知識の総復習に役立つ!

著者について

●河合塾・河合塾マナビス講師。中部地区の校舎で公民科目の講義を一通り担当している。河合塾内の各種講座および河合塾マナビスの「倫理」の映像授業も担当しているほか、各種模擬試験やテキストの作成にも参加。
●河合塾内では、高等学校学習指導要領の分析プロジェクトメンバーを務める。新科目「公共」の教科書分析やレポート執筆などもこなし、「公共」の授業カリキュラムの設計にも関わっている。また、受験生向けの月刊雑誌『蛍雪時代』(旺文社)などにもたびたび寄稿している。
●授業は、「試験を攻略するために必要なこと」を「わかりやすく」「頭に残る形で」「効率的に」伝授することを心がけて展開している。また、授業終了後に生徒が授業内容を頭の中で再現しながら復習できるように、授業時にはオリジナルプリントを使用。「吉見プリントを復習しただけで、共通テストで9割得点できた!」「プリントの内容を書籍化すると河合塾外のライバルの得点が上がっちゃうから、書籍化反対!」など、そのプリントのわかりやすさと復習のしやすさには定評がある。
●おもな著書に、『間違えやすい センター試験「倫理、政治・経済」の用語をセットで覚える本』『カリスマ講師の日本一成績が上がる魔法の現代社会ノ-ト』(ともにKADOKAWA)などがある。

目次詳細

巻頭特集 「公共」ってどんな科目なの?

PART1 主体的・対話的で深い学び
CHAPTER1 課題探究学習
CHAPTER2 調べる
CHAPTER3 報告・発表

PART2 人間と社会のあり方についての見方・考え方
CHAPTER1 倫理分野
CHAPTER2 現代社会分野
CHAPTER3 政治分野
CHAPTER4 経済分野
CHAPTER5 国際分野