学ぶ。みがく。変わる。
HOME 学習参考書 ゼロから覚醒Next フレームで読み解く現代文
ゼロから覚醒Next フレームで読み解く現代文
定価 1,210円(税込)
判型 A5判
体裁 並製
頁数 208頁
ISBN 978-4-7612-3033-3
発行日 2021年3月16日

正誤表

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ
  • 学参ドットコム

電子書籍

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

ゼロから覚醒Next フレームで読み解く現代文

柳生 好之 /著 

オンラインイベント開催決定

3月13日(土)『ゼロから覚醒Next フレームで読み解く現代文』予約特典 柳生好之先生イベント開催
 

終了しました

読者様の声

  • 各章ごとフレームに焦点を当てた例題、実践問題があってフレームの理解が深まり文章の構造をスッキリ捉えられるようになりました。(10代・男性)
  • 今までなかなか出来なかった現代文の世界がガラリと変わりました。受験期にこの本に出会えて、柳生先生に出会えて、本当に良かったです。(10代・男性)
  • この本を購入したきっかけは、著者である柳生先生の出版本他2冊を使ったら模試で7.5割の得点を達成できたので、続編となる本書を購入しました。フレームを活用して問題を解いていくという今までの自分にはなかった解き方を学ぶ事が出来て、やっておいて損のない物だと感じました(10代・男性)
  • 「ゼロから覚醒はじめよう現代文」で学んだ文法を生かし、さらにフレームワークで思考力を身につけれた。今までは選択問題でなんとなく選んでたが、この本を読んで間違った選択肢をどこが違うのか、そしてどこが正しい選択なのか説明できるようになり、自信を持てるようになった。(10代・男性)

内容紹介


現代文超入門書の決定版『ゼロから覚醒 はじめよう現代文』待望の続編!

9つの「フレームワーク」で現代文の読み方が変わる!
□「フレーム」を手に入れて、考えるための武器にする!
□「フレーム」を活用して、文章のカタチを見抜く!
□「フレーム」を使いこなして、最短で正解を導き出す!

誰でも論理的に考えることができる方法を教えます!

構文解釈から文章読解へ
9つの型(フレーム)で、思考力問題を制す

本書の特長

本書は、現代文の読解に必要な「思考力」を9つの「フレームワーク」に分類した本です。
課題文がどのような「型」で書かれているかを見抜ければ、書かれていることを整理しながら正しく理解できるようになります。
「フレームワーク」という武器を自分のものにするために、ひとつずつ学習を進めましょう。
収録している「例題」と「実践問題」は、大学入試問題からの抜粋です。中には難関私大の問題も含まれていますが、「フレーム」を使えば、必ず読み解くことができます。
本書をすべて読み終えたときには、思考力が「覚醒」して、文章の見え方が大きく変わっているはずです。

著者について

◉──リクルート「スタディサプリ」現代文講師。難関大受験専門塾「現論会」代表。
◉──早稲田大学第一文学部総合人文学科日本文学専修卒業。
◉──東進ハイスクールなど大手予備校勤務やZ会東大京大コース問題制作を経て、リクルート「スタディサプリ」に参加。東大・京大・早大・難関国公立大・難関私立大・大学入学共通テストなどの受験対策講座を多数担当している。
◉──「文法」「論理」という客観的ルールに従った読解法を提唱し、誰でも最短で現代文・小論文ができるようになる授業を行う。その極めて再現性の高い読解法により、東大など最難関大学を志望する受験生から現代文が苦手な受験生まで、幅広く支持されている。
◉──自身が代表を務める難関大受験専門塾「現論会」では、「最小の努力で、最大の結果を。」を教育理念に掲げ、オンライン映像授業や参考書などの効果的な活用方法を指導。志望校合格に向かって伴走するコーチング塾として、全国の受講生から高い評価を獲得している。
◉──主な著書に、『大学入試問題集 柳生好之の現代文ポラリス1基礎レベル・2標準レベル』『大学入試 柳生好之の現代文プラチナルール』(ともにKADOKAWA)などがある。本書は、『ゼロから覚醒 はじめよう現代文』『ゼロから覚醒Next フレームで読み解く現代文』(ともにかんき出版)に続く、現代文『ゼロから覚醒』シリーズの集大成である。

目次詳細

第1章 「否定」のフレームワーク
第2章 「具体」「抽象」のフレームワーク
第3章 「論証」のフレームワーク①
第4章 「論証」のフレームワーク②
第5章 「条件法」のフレームワーク
第6章 「差異」のフレームワーク
第7章 「類似」のフレームワーク
第8章 「並列」「選択」のフレームワーク
第9章 「矛盾」「逆説」のフレームワーク