学ぶ。みがく。変わる。
HOME 学習参考書 現代文のコア 読解のための最重要テーマとキーワード
現代文のコア 読解のための最重要テーマとキーワード
定価 1,100円(税込)
判型 46判
体裁 並製
頁数 192頁
ISBN 978-4-7612-3008-1
発行日 2020年7月8日

ご購入

紙の書籍

  • amazon.co.jp
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ
  • 学参ドットコム

電子書籍

オーディオブック

  • audiobook
  • Audible

現代文のコア 読解のための最重要テーマとキーワード

兵頭 宗俊 /著 

読者様の声

  • 圧倒的な読みごたえで、受験を終えても一生携えていきたい一冊でした。わずか1000円でこの情報量が手に入り、感動です。(29歳女性・学生)
  • カラーや自体が丁度よく、よみやすかったです。表紙の材質が個人的にとても馴染みました。

内容紹介

【核心(コア)をつかめば、必ず読める】
大学入試現代文の「頻出テーマ」+「重要キーワード」+「読解技術」を“圧倒的にわかりやすく”解説!
コアをマスターすれば、重要キーワードを発見してテーマを読み切り、確実に得点することができます。
現代文学習のスタートに!
共通テストの基礎固めに!
入試直前の語彙力強化に!
現代文学習の「コア」になる1冊として使いこなしてください。

【本書の特長】
1 テーマ解説とイラスト図解で、「コア」がわかる!

・入試頻出の最重要テーマを全60のコアに凝縮。
・知っていれば絶対に有利になるポイントが、テーマ解説とイラスト図解によって確実に理解できます。
2 関連重要語句で、理解が深まる!
・最新の入試分析をもとに、読解に役立つ語句を厳選。
・テーマ解説と関連付けて確認できるので、難しい語句もすんなりアタマに入ります。
3 入試問題チェックで、実践練習ができる!
・最重要テーマの入試出題例を掲載。
・文章の読み方と問題の解き方はもちろん、実際の入試で狙われやすいところまでしっかりわかります。

著者について

河合塾現代文科講師。麹町校、池袋校、新宿校、津田沼校など首都圏の旗艦校舎に出講。
受講生の「脳」の入試「神経」を刺激する本質的内容をシュールでマニアックな笑いのオブラートで包む講義が、幅広いレベルの講座で高く支持されている。現代文科代表格の一人。
法理学を専攻するはずだったが、パウル・ツェラン詩集と木村敏『時間と自己』によって未知への扉を開かれ、ビンスヴァンガー、ハイデッガー、ユング、河合隼雄、そして西田幾多郎へと学問分野の枠を越えて勝手に勉強し続け、知のネットワークを構築してきた。哲学と精神病理学に特に没頭。
通年講義の受講生からは「現代文を見る目がまるっきり変えられた」「これをしたら合格できるというノルマが明確でいい」などのうれしい声が届く。「センター試験」「共通テスト」の鋭い分析によって行われる「ハイスコアを確約する講義」が圧倒的な支持を集め、共通テスト対策講座で満席が続出する。
◎主な著書に『兵頭宗俊 実戦現代文講義の実況中継』(語学春秋社)、『現代文のコア 読解のための最重要テーマとキーワード』(かんき出版)などがある。

目次詳細

第1章 近代
第2章 現代
第3章 科学
第4章 芸術
第5章 哲学
第6章 文化
第7章 言語
第8章 社会
第9章 小説
第10章 読解