学ぶ。みがく。変わる。
HOME 著者一覧 佐藤 達郎 (さとうたつろう)

佐藤 達郎 (さとうたつろう)

クリエイティブ・ディレクター。多摩美術大学教授(広告論、マーケティング論、メディア論)。

1959年生まれ。一橋大学社会学部卒業後、アサツー・ディケイに入社。コピーライターからクリエイティブ・ディレクターに。その後、クリエイティブ計画局長、クリエイティブ戦略本部長を歴任。本部長時代には、約200名のクリエイティブ部門の人事・組織・研修・ビジョン策定を担当した。2004年には青山学院大学にてMBAを取得。その後、09年に博報堂DYに移籍し、エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターを務める。

広告マンとして、カンヌ国際広告祭、アジア・パシフィック広告祭(アドフェスト)、ACC賞など受賞歴も多数。04年にはカンヌ国際広告祭(現カンヌライオンズ)フィルム(テレビCM)部門日本代表審査員も務め、以来10年以上にわたって世界と日本の広告コミュニケーションのトレンドをウォッチしてきた、業界を代表する論客の一人。

11年より多摩美術大学教授に就任。教壇に立つ傍ら、クリエイティブ・ディレクターとして執筆・講演・研修・企画・コンサルティング等でも活躍中。著書に『アイデアの選び方』(CCCメディアハウス)、『教えて! カンヌ国際広告祭 広告というカタチを辞めた広告たち』(KADOKAWA)、『自分を広告する技術』(講談社+α新書)など多数。

著作一覧