学ぶ。みがく。変わる。
HOME 著者一覧 石川隆俊 (いしかわたかとし)

石川隆俊 (いしかわたかとし)

東京大学名誉教授・医学博士。
1968年東京大学医学部卒業、がん研究所を経て、89年東京大学医学部教授、97年東京大学医学部長を歴任。
定年退官後、2002年米国・メリーランド大学医学部客員教授就任と同時にピ-ボディ音楽院(ジョンズ・ホプキンス大学)ヴァイオリン科に学ぶ。
現在、公益財団法人・喫煙科学研究財団理事長として、全国の医学・生物学者への研究支援を行っている。
魚などの黒こげ物質、ディーゼル排気成分の発がん性を証明。ライフワークの「DNA修復と発がん」では、修復遺伝子を導入したマウスを世界に先駆けて樹立、発がんへの関与を明らかにした。
食の研究では、発芽玄米、ごまなどに含まれるIP6やセサミンのがん予防など、その業績は世界の主要科学ジャーナル誌上に数多く発表されている。
1939年東京・福生市に生まれる。現在も少年の頃の好奇心を持ち続け、関心の主軸を体から心のテーマに移し、性の問題を含め、「熟年での生きがいと意欲」「音楽と脳科学」などの研究に携わっている。

著作一覧