学ぶ。みがく。変わる。
HOME 著者一覧 高津尚志 (たかつなおし)

高津尚志 (たかつなおし)

スイス・ローザンヌに本拠を置く世界的なビジネススクール・IMDの日本市場責任者。
1965年生まれ。AFS日本協会の奨学生として高校時代にカナダに留学。早稲田大学政治経済学部卒業後、日本興業銀行に入行。フランスの経営大学院INSEADとESCPに学び、パリオフィスに勤務。その後、ボストン コンサルティング グループ、リクルートを経て2010年11月より現職。リクルート在職時には人と組織のマネジメント専門誌「ワークス」の編集長を務め、東京の桑沢デザイン研究所にてデザインを学ぶ。

IMDは企業の幹部教育に特化した、最もグローバルなビジネススクールとして知られており、日本企業を含む世界中にある数多くの企業のグローバル・リーダー育成を支援している。

IMDの学長・ドミニク・テュルパンとの共著に、『なぜ、日本企業は「グローバル化」でつまずくのか』(日本経済新聞出版社)がある。また、リクルート時代には、世界各国で事業を展開する企業の経営理念の共有支援プロジェクトでの経験をもとに、『感じるマネジメント』(英治出版)を編者代表としてまとめた。

本書は異色のキャリアの中で培ってきた、仕事の質が変わり、人生が豊かになる「考え方の技法」を、具体的かつ丁寧に解説した初の単著である。

【URL】http://www.imd.org/country/jp/

著作一覧