学ぶ。みがく。変わる。
HOME 著者一覧 悠木そのま (ゆうきそのま)

悠木そのま (ゆうきそのま)

本名は犬塚尚美。愛知県で生まれ、中学生まで横浜で育つ。
1982年、慶応義塾大学法学部卒業。総合商社丸紅で部長秘書を務めた後、コピーライターとして独立。
その後、慶應義塾大学商学部に社会人大学生として編入し、マーケティングを専攻する。
90年の卒業と同時に東海総合研究所(現・三菱UFJリサーチ&コンサルティング)に入社。
11年間の勤務において、CS(顧客満足)経営に関わるコンサルティングおよびトレーニングを担当し、講演回数とコラム執筆回数でNO.1の経営コンサルタントになる。
2001年、「夢づくり、人づくり」を事業理念に、有限会社アリーナアドヴァンスを創業し、人材育成プロデュース事業を展開。
「プロ講師養成スクール」「レディースシャツブランドPr.Sonoma」「3.11復興協働アクトチーム一緒にがんばろ~ず!」をはじめNPO法人、即興劇団などをオーガナイズ。
キャリアカウンセラー養成も行い、社会活動家として地方行政にも関与してきた。
多様な事業の立ち上げと運営の経験をふまえて、“ワークスタイルデザイナー"として段取りのテクニックとノウハウをメソッド化、07年に「段取り力開発セミナー」をリリースする。これが産能マネジメントスクールの公開セミナーとして、爆発的にヒット。月1~3回開講の1日通学コースは、キャンセル待ちの人気講座となる。
これを機に、段取りに関わる企業研修、講演の依頼が急増し、このテーマで年間数十日、登壇している。
座右の銘は「すべては夢からはじまる(W.ディズニー)」。