学ぶ。みがく。変わる。
HOME 著者一覧 横山信治 (よこやまのぶはる)

横山信治 (よこやまのぶはる)

SBIモーゲージ取締役執行役員常務。
1982年、日本信販(現三菱UFJニコス)に入社。
営業成績全国最下位のダメ営業マンから、全国NO.1営業マンへ。
2001年5月に日本初のモーゲージバンク
(証券化を資金調達手段とした住宅ローン貸出専門の金融機関)である
SBIモーゲージ(当時はグッドローン)の設立に参加。
当初4人でスタートしたが、
現在、従業員250人、店舗数191、融資残高1兆6000億円に成長(2013年8月現在)。
「フラット35」の取扱高は全国NO.1。
2012年、日本企業で初めて韓国KOSPI市場上場を果たす。

これまで2万人以上のビジネスパーソンと接し、
3,000人以上の採用面接に立ち会う中で、
多くの優秀かつ能力のある人たちが、まわりから評価されず
仕事にやる気をなくして去っていくのを残念に思ってきた。
自分自身も営業成績トップにもかかわらず左遷されるなど、
辛酸を嘗めるような思いをしたこともあり、その経験から
1人でも多くの人に「評価される」技術を身につけて、
悩みを解消してほしいという強い願いから
『入社1年目から使える「評価される」技術』(かんき出版)を執筆。
また、多くのリーダーとも接し、自らも上司として指導してきた経験から、
組織はリーダーで決まると言っていいほど責任が重大であることを痛感する。
『リーダーの基本』(同)は、
結果を出し、愛されるリーダーになるための正しい考え方、
行動を伝えたいという強い願いから執筆。

その他の著書に『仕事に幸せを感じる働き方』(あさ出版)、『一生食べていくのに困らない「人を味方にする」仕事術』(ぱる出版)、『上位20%に入れる人だけが一生成功する』(大和書房)がある。

著作一覧