学ぶ。みがく。変わる。
HOME 著者一覧 三谷宏治 (みたにこうじ)

三谷宏治 (みたにこうじ)

1964年大阪生まれ、福井育ち。小学校入学直後40日間の入院中に100冊の本を読破。読みかじりを人に教える快感に目覚める。大学浪人時に通った駿台予備校では、教えることの技術に衝撃を受ける。
東京大学理学部物理学科卒業後、外資系コンサルティング会社に就職。以来19年半、ボストン コンサルティング グループ、アクセンチュアで戦略コンサルタントとして 働く。2003年から06年までアクセンチュア 戦略グループ統括。途中、INSEAD(仏フォンテーヌブロー校)でMBA修了。1年半の欧州暮らしで40カ国の知己を得る。
仕事と並行して28歳ごろから社会人教育に携わり始め、32歳からグロービスで経営戦略などの講師を務める。06年から教育の世界に転じ、地元小学校でのPTA会長などを経て、07年からK.I.T.(金沢工業大学)虎ノ門大学院 教授(ビジ ネスアーキテクト専攻)を務める。同時に、「決める力」「発想力」と「生きる力」をテーマにした授業や講演で全国を飛び回り、年間1500人以上の社会人、3000人以上の子ども・保護者・教員に接している。「重要思考」のリアル研修受講者は延べ1万5000人を超える。現在K.I.T. 教授の他に、早稲田大学ビジネススクール 客員教授、グロービス経営大学院 客員教授、放課後NPOアフタースクール 理事、NPO法人3keys 理事、永平寺ふるさと大使を務める。
近著に『一瞬で大切なことを伝える技術』(かんき出版)、『正しく決める力』(ダイヤモンド社)、『発想の視点力』(日本実業出版社)、『ハカる考動学』(ディスカヴァー
・トゥエンティワン)、『ルークの冒険~カタチのフシギ~』(実務教育出版)、『お手伝い至上主義でいこう!』(プレジデント社)、『ペンギン、カフェをつくる』『観想力 空気はなぜ透明か』(ともに東洋 経済新報社)などがある。

著作一覧