学ぶ。みがく。変わる。
HOME 著者一覧 川崎隆司 (かさわきたかし)

川崎隆司 (かさわきたかし)

1945年生まれ。東京大学法学部卒業。三和銀行を経て、1973年から弁護士。現在、日比谷総合法律事務所代表。さまざまな業界や多くの大企業をクライアントに持つ「独占禁止法」分野の第一人者。日米通商摩擦や日米構造協議に翻弄される日本企業を支援し、またグローバル競争が激化するなかで、企業間あるいは国家を超えたカルテルや談合、生き残りをかけたM&A(合併・買収)などのさまざまな競争や対決、そして、それを実務として解決するための和解や手打ちを見とどけてきた。
弁護士の枠を超え、趣味の歴史や動物のエピソードを織り交ぜながら安全保障論や国家論などを展開する講演は、わかりやすさとおもしろさで定評があると同時に、専門家も舌を巻く鋭さがある。