学ぶ。みがく。変わる。
HOME 著者一覧 西道隆臣 (さいどうたかおみ)

西道隆臣 (さいどうたかおみ)

理化学研究所脳科学総合研究センター神経蛋白制御研究チーム シニアチームリーダー。日本認知症学会理事。早稲田大学客員教授、横浜市立大学・日本女子大学・千葉大学・東京大学・東北大学の非常勤講師。筑波大学生物学類卒業、東京大学大学院薬学系研究科修了、薬学博士。
人間がヒトである証=「知性」を蝕む因子βアミロイド研究の第一人者。アルツハイマー病は、このβアミロイドが脳の神経細胞に過剰に溜まることにより発症する。西道氏は現代日本で増え続けるアルツハイマー病を根本的な治療へと導く可能性のある酵素を特定した。この酵素(ネプリライシン)がβアミロイドを分解することから、認知症を予防する治療が大いに期待されている。海外からアルツハイマーに関する講演会、国際会議出席の依頼が多い。
著書に『アルツハイマー病の謎を解く』(共著・中外医学社)、『アルツハイマー病の分子医学』(共著・中外医学社)、『人は何故痴呆になるのか-アルツハイマー病の謎を探る』(共著・丸善)、『Aβ Metabolism and Alzheimer's Disease』(編著・Landes Bioscience)、『タンパク質の修飾と分解研究』(共編著・羊土社)などがある。