学ぶ。みがく。変わる。
HOME 著者一覧 吉越浩一郎 (よしこしこういちろう)

吉越浩一郎 (よしこしこういちろう)

1947年千葉県生まれ。ドイツ・ハイデルブルク大学留学後、72年に上智大学外国語学部ドイツ語学科卒業。その後、メリタジャパン設立に参加。プロダクトマネージャーとして活躍した後、83年にトリンプ・インターナショナル(香港)に入社。
87年にトリンプ・インターナショナル・ジャパン代表取締役副社長、92年に代表取締役社長に就任し、19年連続の増収増益を達成。
その原動力になったのは外資で学んだ考え方で、毎朝8時半からの「早朝会議」「残業禁止」「がんばるタイム」の導入、「即断即決」などのユニークな仕事術にある。大学卒業後、毎年、夏は三週間、冬は一週間の休みを取得。できる人ほど休みが長いことを実践してきた。
2004年には日本経済新聞社『平成の名経営者』100人の1人に選出される。