学ぶ。みがく。変わる。
HOME 著者一覧 最上悠 (もがみゆう)

最上悠 (もがみゆう)

精神科医。うつ病、不安障害、依存症などに多くの治療実績を持つ。日本ではまだ十分に普及していない認知行動療法、対人関係療法におけるわが国の第一人者。
「心の問題であっても、できるだけ短期間で効率的に治す必要がある。それが患者さんの貴重な人生を無駄にしないことになる」というのが持論。薬や遺伝子の研究、サプリメント・ITの精神医療への応用にも積極的に携わっている。職場のストレス領域やメンタルヘルス産業への企業コンサルタントとしても活躍中。