学ぶ。みがく。変わる。
HOME 著者一覧 留目昌明 (とどめまさあき)

留目昌明 (とどめまさあき)

昭和23年、青森県三戸郡生まれ。2歳のとき、右足に大やけどをする。小学6年のとき剣道の全国大会で優勝。大学卒業後5段になる。
昭和45年、明治大学農学部卒業(というより剣道部卒業)、手指の感性を磨く。
昭和46年、国際派米実習生として米国ポートランド郊外の農家で実習。しかし腰痛のため半年で帰国。腰痛回復のために断食を行い、食養学を学ぶ。
昭和48年頃より本格的に「薬になるりんご作り」の研究を始め、有機農法の完成を心に誓う。同時に「操体法」を橋本敬三先生より学ぶ。
昭和58年、東京鍼灸柔専門学校を卒業、免許取得。
入学時より「SOT理論(仙骨・後頭骨テクニック)」を学ぶ。
昭和60年ごろより「鍼灸理論」と「SOT理論」の融合を研究する。平成10年頃より仙骨丹田療法の講演・セミナーを開き、その治療効果の素晴らしさが話題になる。
平成15年、『現代農業』(農文協刊)に一年半にわたり「仙骨丹田療法と末梢運動法」を掲載、好評を得る。同時に、自分自身で体を治す方法を確立する。
一方そのころ、有機農法を続けると特にマグネシウム(Mg)不足になることがわかる。その対応をすることで、ミネラルを豊富に含んだ甘酸適和(糖度20度)の「薬になるリンゴ」が完成する。同様に、ニンニクも完成。