学ぶ。みがく。変わる。
HOME 著者一覧 太田 善之 (おおたよしゆき)

太田 善之 (おおたよしゆき)

●河合塾講師。東大(国公立最上位)クラスから中堅私大クラスまで、河合塾の全レベルの講座を担当している。新宿校、本郷校、麹町校、秋葉原館、町田校、金沢文庫現役館などに出講。また、いくつかの大学で生涯学習講座の講師として古文の楽しさと奥深さを伝えている。
●古文が苦手だった自身の経験から、より楽しく、よりわかりやすく教えることを何よりも大切にしている。古語の知識を本質から派生のプロセスまで確認し、背景となる世界観を現代に重ねて解説するなど、古文の世界が身近に感じられる授業を展開。文の構造を重視して読み解く論理的な読解法が受験生から圧倒的な支持を集めている。
●「質問は徹底的に受ける!」がモットー。河合塾の中でもトップレベルに質問受け時間が長いことで知られる。受験生からは、「丁寧に教えてくれてわかりやすかった」「楽しく理解できた」などの嬉しい声が届く。一部では「癒しの時間」とも言われているが、その意味はいまだ不明。
●著書に『何が書いてあるかわからない人のための古文のオキテ45』(KADOKAWA)、共著に『「有名」私大古文演習』(河合出版)などがある。

著作一覧