学ぶ。みがく。変わる。
HOME 著者一覧 宮路 秀作 (みやじしゅうさく)

宮路 秀作 (みやじしゅうさく)

代々木ゼミナール地理講師、コラムニスト。鹿児島市出身。
学習塾講師を経て、2008年から代々木ゼミナールの講師となる。「東大地理」「共通テスト地理」などの講座を担当する実力派。代ゼミ新潟校・名古屋校で開講されたオリジナル講義は、100 人の教室が初年度から満席。あまりの人気に、翌年から全国の校舎・サテライン予備校で配信されるようになる。現在は、対面授業、サテライン授業あわせて、1週間で2000人以上の生徒を指導している。
生徒のアンケートでは、2008年度から連続で全国1位を獲得。また、現役の高校教員に向けて学生への教えかたを指南する「教員研修セミナー」の地理講師を務めるなど、「代ゼミの地理の顔」として活躍する。
コラムニストとしては、朝日中高生新聞や朝日小学生新聞、南日本新聞での連載コラムの執筆や、TBSラジオ「伊集院光とらじおと」、渋谷のラジオ「渋谷の工事」への出演など、各種メディアに活動の幅を広げている。また、YouTubeチャンネル「みやじまんちゃんねる」でも、地理のおもしろさを発信中。
講義の指針は、「地理とは、地球上の理である」ことを理解させること。日常生活の延長に ある「地理」を通して現代世界を学び、さらに「なぜそうなったのか?」をていねいに解き明かす講義は、9割以上の生徒から「地理を学んでよかった!」と好評。
著書に『経済は地理から学べ!』(ダイヤモンド社)、『目からウロコのなるほど地理講義 系統地理編』『目からウロコのなるほど地理講義 地誌編』(いずれも学研プラス)、『カリスマ講師の日本一成績が上がる魔法の地理ノート』『大学入試 マンガで地理が面白いほどわかる本』(いずれもKADOKAWA)などがある。2017年日本地理学会賞(社会貢献部門)受賞。

著作一覧