学ぶ。みがく。変わる。
HOME 著者一覧 加来耕三 (かくこうぞう)

加来耕三 (かくこうぞう)

1958年、大阪市生まれ。奈良大学文学部史学科卒。同大文学部研究員を経て、現在は作家、歴史家として、独自の史観に基づく著作活動を展開、講演会も多い。「歴史研究」編集委員。日本ペンクラブ会員。日本推理作家協会会員。
主な著書に『英雄の食卓』(中経出版)、『戦国武将生命懸け損益計算書』(土屋書店)、『教科書が教えない 日本史の名場面』(扶桑社)、『日本史勝ち組の法則500〈徹底検証〉』(講談社文庫)、『図解雑学Q&A 読みたくなる日本史』『図解雑学 誰も知らない日本史の真実』(いずれも、ナツメ社)など多数。また、監修した書籍には、『面白いほどよくわかる日本史地図ドリル』(日本文芸社)、『豊臣秀吉大事典』(新人物往来社)、『手にとるように日本史がわかる本』『手にとるように幕末・維新がわかる本』『手にとるように戦国時代がわかる本』(小社刊)などがある。

著作一覧