学ぶ。みがく。変わる。
HOME 研修・講演紹介 女性の活躍推進とハラスメント研修

女性の活躍推進とハラスメント研修

管理職に対し、これからの時代の労務管理のあり方として、男性も含めた働き方と
性別役割分担意識に対する意識改革を促すことで、より成長する組織へとなる

 

女性活躍推進法が施行され、企業は女性の能力をもっと活かすことに取組まなければならないことになりましたが、
それは「女性」限定の施策であると誤解している管理職が多くいます。
女性が継続して働くことができ、そのうえで企業の中核を担う存在になるためには、職場全体の働き方を見直すことや、
性別役割分業意識を解消しなければなりません。そのために最も影響を与えるのが、職場を取り仕切る管理職の存在です。
また平成28年1月からは、法改正によりハラスメントに対する対応が強化され、企業は意識啓発のための研修等に
取組むことが義務化されました。
しかし、管理職自らが長時間労働を美徳とした従来の働き方を継続したり、性別分業への意識が強いと、
女性の活躍を望むことは難しく、会社が女性活躍を推進したくても阻むばかりか、
次代を担う人財を失ってしまうことになりかねません。

  
  

 カリキュラム例
 
・女性活躍推進法施行の背景
・全社で取組むべき課題として捉える
・女性管理職の育成
・子育て女性社員への対応
・管理職こそ職場改革の要
・ハラスメント(パワハラ、セクハラ、マタハラ)と職場に与える影響
・ハラスメントのセルフチェック
・ハラスメントにあたる具体的な言動とは
・ハラスメント判例と企業に与える影響
・意識啓発のためのロールプレイ 
・意識啓発のためのグループ討議
・質疑応答

 


 

講師プロフィール

新田香織 (にったかおり)

ハラスメント防止コンサルタント
多様な働き方コンサルタント
社会保険労務士法人グラース 代表
特定社会保険労務士/キャリアコンサルティング技能士2級

厚生労働省東京労働局雇用均等室非常勤職員(次世代法担当)(2006-2011年)
港区男女平等参画推進会議委員(学識経験者、副部長)(2012-2019年度)
厚生労働省「特に配慮を必要とする労働者に対する休暇制度普及事業」検討会委員(2020、2021年度)
厚生労働省「カスタマーハラスメント対策企業マニュアル作成事業」検討会委員(2021年度)

誰もがイキイキと働ける職場作りに寄与するため、多様な働き方が可能な制度や運用、職場の意識醸成を社労士の立場から提案・啓発している。
自治体主催の研修、企業内セミナー、執筆の他、公共機関との連携による両立支援コンサルティング、顧問先の社会保険手続き・労務管理を行う。
 
主な著書:
『仕事と介護両立ハンドブック~コア社員の退職を防ぐ~』(日本生産性本部出版)
『改訂版さあ、育休後からはじめよう-働くママへの応援歌』(労働調査会)
『子育て社員を活かすコミュニケーション【イクボスへのヒント集】』(労働調査会) 他多数

http://grasse-sr.com
女性の活躍推進とハラスメント研修
【一般社員向け】互いに尊重しあう職場づくり~ハラスメントをなくす~

close
pagetop