学ぶ。みがく。変わる。
HOME 研修ラインナップ 50代シニアキャリア研修

50代シニアキャリア研修

定年後必要となる社会保障制度・年金・保険・介護に関する知識を得て、
ライフプラン・キャリアプラン設計を考える

 

①定年後必要となる社会保障制度、年金、保険、介護に関する知識を習得できる場を設けると共に自身の将来におけるライフプラン・キャリアプラン設計のきっかけとなる機会を設けるものとする。
②組織に貢献するために、自分に何ができるか?を考える機会とする。
③周囲の社員とコミュニケーションをとることの重要性を理解し、実践するためのスキルを再確認する。

  
  

 カリキュラム例
 
【第1部】これからの社会保障、年金、保険はどうなるのか
1.ライフプランニング
2.公的年金の基礎知識:年金はどうなるのか、公的年金、在職老齢年金
3.その他の社会保障:健康保険・介護保険の仕組みを理解しましょう
4.わたしたちの世代における、親の介護
  
【第2部】これからの、会社への貢献とは?実りの刈り取りの時代、持っているものを惜しみなく後輩に与える時代
5.社史を知っていますか?
6.50歳代後半、我々の生きてきた時代を知る、そして語る
7.新たにスタートする職位定年、定年はなぜ必要か?
8.就労におけるダイバーシティ(多様性)とは
9.コミュニケーション学
10.これからの能力開発のために
11.終わりに、健康寿命を延ばそう

 


 

■1クラスの受講人数:30名
■研修日数:1日

 

講師プロフィール

古澤和哉 (ふるさわかずや)

古澤社会保険労務士事務所 所長

1959年生 熊本県出身
獨協大学経済学部経営学科卒

生命保険会社、税理士事務所勤務
平成2年社会保険労務士合格
平成15年3月古澤社会保険労務士事務所開設
平成18年特定社会保険労務士合格
著書、雑誌、専門誌など執筆多数あり
職業訓練校非常勤講師、また法人向け講演 セミナー多数実施

人事の要諦は、「会社にふさわしくない人材を採用しない」、「採用した人材は教育して100パーセント生かすこと」にあるといえます。そんなことは理想にすぎない、甘いとお叱りを受けるかもしれません。しかし、心からそう考えているので仕方ないのです。
現実のお付き合いのなかで、どのような人材が何人必要で、どのように募集、書類選考、面接するのか、とことん突き詰めて考えている会社はまだまだ少ないようです。
そのために、採用計画・採用面接指導、入社時を含む社員教育、そして、労務管理の基礎である就業規則の策定と、人事・労務関連の相談業務を中心にしながら業務を行っています。クライアントのお申し越しには、分野を超えて力になろうと、日々の研鑽にも怠りはないつもりです。

セクシャルハラスメント対策研修
50代シニアキャリア研修
コンプライアンス研修
コンプライアンス・リスクマネジメント研修

facebook
pagetop