学ぶ。みがく。変わる。
HOME 研修ラインナップ 残業を継続的に減らす仕事の高密度化習慣研修

残業を継続的に減らす仕事の高密度化習慣研修

仕事の成果を高めつつ、仕事時間を圧縮する方法を学ぶ

 

<高密度仕事術とは?>
単位時間あたりの生産性を、極限まで高める仕事のやり方
  
<非効率性を招く5つの原因>
①多くのタスクに同時に手を付けてどれも中途半端で終わっている
②残業時に最も重要で気が重たい仕事がいつも残っている
③先延ばしをして納期がいつもギリギリになってしまう
④上司や他部署、お客様からの突発的な依頼が入って振り回される
⑤休憩が多かったり、必ずしも必要のない仕事をしている

  
  

 研修のねらい
 
①科学的に時間効率化の方法に取り組み、習慣化するので、「個人のトヨタ式カイゼン」が進む
②チームや組織全体で「仕事の高密度化活動とノウハウ」共有ができるため、生産性が飛躍的に改善する

  
  

 研修の効果
 
・自分の仕事の非効率な面を客観的に診断できる
・高密度化の3つの原則を押さえることで、残業削減の環境をつくる
・時間簿を取ることの意義と手法を知ることで、自分でPDCAを回せる基礎ができる
・高密度化5つの手法を1週間に1つずつ対策することで効率化が進む

  
  

 カリキュラム例
 
1.高密度仕事術とは
2.高密度仕事術の3原則
  原則1.帰り時間は絶対に何があっても死守する
  原則2.超集中できるエネルギーを充電する
  原則3.完璧主義をやめ最善主義で考える
3.シングルモードで徹底的に集中する
4.最重要の仕事を朝一番で片づける
5.先延ばしをなくす
6.突発をコントロールする
7.余計な事を減らす
8.高密度仕事術の体系図

 


 

■1クラスの受講人数:24名
■研修日数:90分~1日

 

講師プロフィール

古川 武士 (ふるかわたけし)

習慣化コンサルティング株式会社 代表取締役

関西大学卒業後、日立製作所などを経て2006年に独立。
約5万人のビジネスパーソンの育成と10,000人以上の個人コンサルティングの経験から「続ける習慣」が最も重要なテーマと考え、日本で唯一の習慣化をテーマにしたコンサルティング会社を設立。オリジナルの習慣化理論・技術を基に、個人向けコンサルティング、習慣化講座、企業への行動定着支援の事業を開始。2016年には中国で6,000名規模の習慣化講演を行い、本格的に海外進出を始める。
著書は現在21冊、95万部を超え、中国・韓国・台湾・ベトナムなど海外でも広く翻訳され読まれている。
テレビ、ラジオなど9年間で180のメディアに登場。NHK全国放送「ごごナマ」、テレビ東京「東京ガルリ」、テレビ朝日「モーニングバード」、TBSテレビ「あさチャン!」、ラジオJ-wave「GOOD NEIGHBORS」、「smile on sunday」、 東京FM中西哲生の「クロノス」など多数出演。日本経済新聞、読売新聞などで大きく取り上げられるとともに、雑誌やWEBメディアなど、毎月2-3本のペースで取材、連載を受けている。

企業向けには会社の仕事の生産性を高める「高密度仕事術」を実施、政府主導で行なわれている「働き方改革」への取り組みとして多くの企業からオファーが絶えない。

主な著書に『なぜ、あなたは変われないのか?』(かんき出版)、『30日で人生を変える「続ける」習慣』『新しい自分に生まれ変わる「やめる」習慣』(ともに日本実業出版社)、『2割に集中して結果を出す習慣術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術』(大和書房)などがある。

http://www.syuukanka.com/index.html
残業を継続的に減らす仕事の高密度化習慣研修
生産性の高い会議を運用する「高密度会議術」研修
【講師動画】古川武士氏~生産性を高める会議術
古川武士氏インタビュー記事

facebook
pagetop