学ぶ。みがく。変わる。
HOME 研修ラインナップ 実務データ分析・課題解決研修

実務データ分析・課題解決研修

データを活かして仕事で成果を出すために必要なスキルが習得できる

 

データを活かして仕事で成果を出すために本当に必要なのは、分析方法・理論・ツールの習得ではなく、
データを仕事に活用する“思考スキル”にあります。
組織内の実務経験者ならではの視点で、「分析をどうやるか」ではなく、仕事にデータや分析を「どう活かすか」を
徹底的にお伝えします。
さらにデータ分析手法だけでなく、実務で必要な「データの見方」「仮説の立て方」「ストーリーの作り方」を学びます。

  
  

 カリキュラム例
 
1.データ分析・統計を実務で使うってどういうこと?
2.「データ整理」から「データ分析」へ
3.仮説アプローチ
4.課題ポイントを特定する
5.データの特徴を多面的に捉える
6.2つのデータから意味を見出す(相関)
7.データの関係を数値で示す(回帰分析)
8.仕事での分析は「分析結果」がゴールではない(結果解釈と見せ方)

  
  

 ご参加者の声
 
・確実に現在の分析よりもレベルの高い分析(相関・回帰分析)ができる内容でした
・仮説アプローチの立て方が明確になった。四則演算でシンプルに考えるクセをつけようと思った
・データ整理とデータ分析の明確な違い。データ分析を行う上で必要な視点、指標、考え方を学べた
・データ分析の前段階として「仮説」が大切であることを今後強く意識して取り組んでいきたい
・これまではデータを集める作業に集中していましたが、今後はどういった目的のために何のデータを集めるかに時間を割こうと考えました
・数々のデータを扱うので、今 何を求めているのか、そこを考え、データを見つけていくというプロセスが活かせそうです
・データをどのように活用するか、本日学んだ内容全てが役に立ちそうです
・話が分かりやすく、演習内容も意外性のある結果になっていたりと非常によかった
・手を動かしながら学べ、色々な解釈ができ、面白かったです
・偏差など、「言葉」としては知っているが、どう使うか?という部分で活用できていなかった。今日をきっかけに分析をActionに繋げていきたい
・研修を通じて、行いたい分析が沢山出てきました。場数を踏んで、実務に活かしていきます
・数字をstory立てて組み立てていくプロセスの説明が印象的でした
・分析はテクニックだと思っていたが、実際大切な部分は自分で考えることばかりだった。視野を狭めないよう注意し、数字をうまく捉えていきたいと思った

 


 

■1クラスの受講人数:24名
■研修日数:1日~2日間
 

講師プロフィール

柏木吉基 (かしわぎよしき)

データ&ストーリーLLC 代表
多摩大学大学院 ビジネススクール客員教授
横浜国立大学 非常勤講師

慶應義塾大学理工学部卒業後、日立製作所にて海外向けセールスエンジニア。米国にてMBAを取得後、2004年日産自動車へ。海外マーケティング&セールス部門、組織開発部ビジネス改革マネージャ等を歴任。グローバル組織の中で、数多くの経営課題の解決、社内変革プロジェクトのパイロットを務め、日産V字回復後の成長に直接貢献した経験を有しています。

2014年10月独立。グローバル組織の中で、数多くの経営課題の解決、社内変革プロジェクトのパイロットを務める。
豊富な実務経験と実績に基づいた実践的研修・コンサルができる唯一の講師として高い定評がある。
カルロス・ゴーン氏を始め、外国人役員に数々の企画、提案をうなずかせた秘訣を研修でお伝えします。また、研修内容はすべて英語でのプログラム開発も可能です。

実務データ分析・課題解決研修
マネージャーのためのデータリテラシー講座
【講師動画】実務データ分析活用

facebook
pagetop