学ぶ。みがく。変わる。
HOME 研修ラインナップ 高野登氏の講演『サービスを越える瞬間』ほか
元ザ・リッツ・カールトン・ホテル日本支社長

高野登氏の講演『サービスを越える瞬間』ほか

ベストセラー『リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間』の著者・高野登氏の講演をご紹介します

 

【主な講演テーマ】
■サービスを越える瞬間
■レジェンダリー・サービス
■ホスピタリティの実現
■企業理念とリーダーシップ
■理念経営を支える人財戦略
リッツ・カールトンで育まれたホスピタリティノート
『リッツ・カールトンで育まれた
ホスピタリティノート』
絆が生まれる瞬間
『絆が生まれる瞬間』
リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間
『リッツ・カールトンが大切にする
サービスを超える瞬間』

  
  

 カリキュラム例
 
【講演例:リーダーとチームワークが創る仕事の舞台(90分間)】
激しく変化する環境においては、本物だけが生き残り、価値を創造・提供できない企業や人は生き残るのが困難な時代が到来したということがいえるのだろう。この厳しい経営環境のなかで、リーダーが自らに問い続けなくてはならない課題がある。
リッツ・カールトンでは、サービスとホスピタリティの違いを、リーダーと全社員が明確に理解し、共有している。そして、チームワークこそが、サービスを超えてホスピタリティを体現する舞台創りの基盤であると認識している。さらに日本独自の「おもてなしの精神」を、ホスピタリティの舞台づくりに積極的に取り入れてきた。それはすべて、生涯のお客様づくり、お客様との深い絆づくりのためのものである。多くの事例を通して、そのエッセンスを考えてみる機会としたい。

講師プロフィール

高野登 (たかののぼる)

人とホスピタリティ研究所代表
元ザ・リッツ・カールトン・ホテル日本支社長

◎1953年、長野県戸隠生まれ。ホテルスクールを卒業し、渡米。NYプラザホテルに勤務した後、LAボナベンチャー、SFフェアモントホテルなどでマネジメントを経験。90年にリッツ・カールトンでサンフランシスコをはじめ、マリナ・デル・レイ、ハンティントン、シドニーなどの開業をサポートし、同時に日本支社を立ち上げる。93年にホノルルオフィスを開設した後、翌94年、日本支社長として日本に戻る。リッツ・カールトンの日本における営業・マーケティング活動をしながら、97年にザ・リッツ・カールトン大阪、2007年にザ・リッツ・カールトン東京の開業をサポートする。
◎09年にリッツ・カールトンを退社し「人とホスピタリティ研究所」を設立。以来、“ホスピタリティの伝道師"としてセミナーや講演、研修などで全国を飛び回り、企業、病院、学校、地方自治体などの組織づくりのサポートを行っている。また、長野、東京、北九州、鎌倉など各地で「寺子屋百年塾」を立ち上げ、善光寺や増上寺などを拠点に独自の勉強会を主宰。100年先を見据えて今を生きる人財の育成にも尽力している。
◎著書にシリーズ30万部を超えるベストセラーとなった『リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間』『絆が生まれる瞬間』『リッツ・カールトンで育まれたホスピタリティノート』(いずれもかんき出版)などがある。

高野登氏の講演『サービスを越える瞬間』ほか

facebook
pagetop