学ぶ。みがく。変わる。
HOME 研修ラインナップ ウイズコロナ時代に注意すべきハラスメント対策

ウイズコロナ時代に注意すべきハラスメント対策

リモートワーク、ハイブリッドワーク環境や多様性尊重のもと、当事者意識をより高め、正しい知識と指導方法により、改めてハラスメント防止を対策する

 

ハラスメントはちょっとした日常の業務の中で起こりうること!
誰もがハラスメント加害者/被害者になる可能性があるので、
誰もがハラスメントをしっかりと理解しましょう。

 

 ハラスメント教育が必要な背景
 
●パワハラ防止関連法によるハラスメントの取り組みの義務化(大企業は2020年6月、中小企業は2022年4月から施行)
●ハラスメント相談件数の増加
●世代間ギャップによるコミュニケーションの弊害
●価値観の多様化
●多様化する従業員の働き方
●リモートワークによる対面コミュニケーションの減少 など
 
ハラスメント対策の必要性は理解しているものの、「そもそものハラスメントの定義の理解が曖昧」「ハラスメントのグレーゾーンが分からない」「指導したくてもハラスメントと思われそうで怖い」「マタハラ、パタハラ、SOGIハラ、モラハラ、リモハラなど新しいハラスメントがよく分からない」など課題をお持ちの企業様は多くいらっしゃいます。

●ハラスメントの基礎知識を再確認し、グレーゾーンを判断できるようになる
   →人任せではなく管理職として判断できる

●互いの価値観や考え方の相違を理解し、誰もがハラスメント行為者になる可能性を認識する。
   →当事者意識の醸成

 
 

 講師・山藤祐子氏の特徴
 
1.自身のハラスメント経験を最大限に活かしたメッセージ
2.わかりにくいことを徹底的にわかりやすく伝える、難しい話をおもしろく伝えることを得意とする
3.理想と現実のギャップをいかに埋めていくか?を常に考え、キレイ事は語らないので、受講者が本気でハラスメントを考える
4.文章だけでは分かりにくいところは、オリジナル漫画を使って説明するので、理解度が上がる
5.ハラスメント対策専門家として数多くのメディアに登場している

 
 

 経営幹部対象 研修カリキュラム例
 
<研修のねらい>
 ●企業にとって、ハラスメントは大きなリスクであることを再確認する
 ●判例、他社事例から企業として対策すべきポイントを理解する
 ●アンコンシャスバイアス(無意識に起こる認知の歪み)から起こる経営リスクを確認する
 
<研修カリキュラム>
 1.ハラスメントによるリスクと影響
 ・ハラスメントによる影響
 ・意識度チェック
 ・ハラスメントが起こりやすい組織とは
 ・経営リスクとしてハラスメントを捉える必要性 など
 ・最新の判例、他社事例の解説
 2.ハラスメントの基礎知識
 ・ハラスメントの法律を正しく知る
 ・ハラスメントの基礎知識、事例、判断基準
 ・パワーハラスメントと正当な指導の違い など
 3.ハラスメントを未然防止するために
 ・アンコンシャスバイアスが引き起こす経営リスク
 ・経営視点から考えるアンコンシャスバイアスチェック など

 
 

 管理職対象 研修カリキュラム例
 
<研修のねらい>
 ●パワハラの正しい知識を理解し、部下への適切な指導方法を実践できるようになる
 ●感情のコントロール方法を理解し、実践できるようになる
 
<研修カリキュラム>
 1.ハラスメントによる影響
 ・ハラスメントが職場に及ぼす悪影響とは
 ・意識度チェック
 2.パワーハラスメントの基礎知識
 ・パワーハラスメントが起こる背景と起こりやすい職場
 ・パワーハラスメントのグレーゾーンを考える
 ・部下から「パワハラ」だと言われた時の対応
 3.アンガーマネジメントを理解する
 ・感情のコントロール方法を身に付ける
 ・現代の管理職に必要な力
 4.パワハラと言われない指導方法を身に付ける
 ・パワハラと正当な指導の違い
 ・部下が上司に求めること(弊社調査データより)
 ・相手の理解を促す指導方法とは
 5.ハラスメント防止のポイント
 ・職場、メンバーへの展開方法
 ・ハラスメント行為者にならないために

 
 

 全社員対象 研修カリキュラム例
 
<研修のねらい>
 ●ハラスメントの基礎知識を再確認し、自身がしっかりと判断できるようになる
 ●お互いの価値観や考え方の違い、また誰もがハラスメント行為者になる可能性を認識する
 
<研修カリキュラム>
 1.パワーハラスメントの基礎知識
 ・パワーハラスメントが起こる背景と起こりやすい職場
 ・パワーハラスメントの事例と判断基準
 2.セクシュアルハラスメントの基礎知識
 ・セクシュアルハラスメントが起こる背景と傾向
 ・セクシュアルハラスメントの事例と判断基準
 ・マタハラ・パタハラ・ケアハラの基礎知識
 3.ハラスメントのグレーゾーンを考える
 ・事例研究、グレーゾーンをどのように判断するのか
 ・最新の判例と解説、他社事例
 4.パワハラと正当な指導の違いとは
 ・パワハラと正当な指導の違いを理解する
 ・部下が上司に求めること(弊社調査データより)
 5.ハラスメントの対策
 ・ハラスメントに遭った時の対応
 ・ハラスメント行為者にならないために必要なこと

 


 

■1クラスの受講人数:50名
■研修日数:90分講演~1日研修
■受講対象:経営幹部、管理職、一般社員

 

講師プロフィール

山藤祐子(旧姓:倉本) (ざんとうゆうこ)

ダイヤモンド・コンサルティングオフィス合同会社代表

ハラスメント対策専門家 / ハラスメント研修専門講師
国家資格キャリアコンサルタント / アンガーマネジメントコンサルタント

自身のハラスメント経験を最大限に活かした、ハラスメント専門研修講師として、年間150日以上登壇。研修を実施した企業や自治体は200社以上にのぼる。年平均5000人を超える受講者からは「行動に移しやすい講座」と好評。また、クライアント企業からは、高いリピート率を誇る。

わかりにくいことを徹底的にわかりやすく伝えること、そして難しい話をおもしろく伝えることを得意とし、真剣な研修中にもかかわらず毎回、笑いが沸き起こる。もちろん、手厳しいことを伝えるときも、笑顔は忘れない。

キレイ事は語らず、理想と現実のギャップをいかに埋めていくか?を常に考え、世の中からハラスメントをなくしていくことが使命。働きやすい環境こそが企業の収益を増大させ、ひいては日本の発展につながると信じ、日々ハラスメント研修にまい進している。

<著書>
『管理職・リーダーのハラスメント対策』(編集:ハイテクノロジーコミュニケーションズ株式会社)
『働く人すべてに求められるハラスメント防止の知識と行動』(編集:ハイテクノロジーコミュニケーションズ株式会社)
『ハラスメント言い換え事典』監修(朝日新聞出版)

<セミナー・研修テーマ>
ハラスメント防止/ OJTトレーナー育成/女性活躍/男性管理職向け女性リーダー育成/リーダーシップ/キャリアデザイン/マインドセット/コミュニケーション/ビジネスマナー/アサーティブコミュニケーション/CS向上/クレーム対応/接遇応対/説明力向上/店長育成/店舗調査

<資格・所属>
・国家資格キャリアコンサルタント、秘書検定一級 / ・保育士/幼稚園教諭二種免許、
・アンガーマネジメントファシリテーター、ハラスメント防止コンサルタント養成講座受講
・著書/大学生のうちに内定をとる技術(NaNaブックス)、キャリアカウンセリング6000名以上

<メディア掲載・出演歴>
日経ビジネス/読売新聞/朝日新聞/NHK『ニュースシブ5時』/テレビ朝日『羽鳥慎一モーニングショー』/テレビ朝日『大下容子ワイド!スクランブル』/フジテレビ『ホンマでっか!?TV』/TOKYO MX『田村淳の訊きたい放題』/ABEMA prime ほか

https://diamond-c.co.jp/
ウイズコロナ時代に注意すべきハラスメント対策

facebook
pagetop