学ぶ。みがく。変わる。
HOME 研修・講演紹介 【一般社員向け】互いに尊重しあう職場づくり~ハラスメントをなくす~

【一般社員向け】互いに尊重しあう職場づくり~ハラスメントをなくす~

ハラスメント防止対策は、管理職だけではなく、一般社員も巻き込むことが重要です

 

改正労働施策総合推進法により、2020年6月1日(中小企業は2022年4月1日)から、企業はパワハラ防止措置を講じることが義務になりました。また、コロナ禍による不安で精神的ゆとりが失われつつある職場において、他者との違いを受け入れることができず、ハラスメントが起きやすくなっている今こそ、互いに尊重しあって働く環境をつくることを啓発する必要があります。
これまでは管理職を対象とするパワハラ研修が多くありましたが、職場で起こりうる様々なハラスメント(セクハラ、マタハラ、パワハラ、リモハラ)は、一般社員を巻き込んでいかなければ、無くすことは不可能です。
本研修では、指導とハラスメントの違いや、良好なコミュニケーションをとっていく重要性について学び、ハラスメントそのものが起きない職場づくりを目指します。

  
  

 研修のゴール
 
①ハラスメントはなぜいけないのか理解する
②明らかなハラスメントは根絶し、グレーゾーンは白に近づける
③相手を「尊重する」ことについて学び、人間関係の良い職場にする

  
  

 研修の特徴
 
●貴社のハラスメントのケース事例に基づく研修の進行も可能!
●ハラスメント研修に多くの実績を持つ、特定社労士である新田講師が、法律面と職場で起こりがちなハラスメントについて、わかりやすく説明します!
●ハラスメントの知識だけでなく、ハラスメントをしない、受けないためのコミュニケーションの取り方なども伝授いたします!
●グループ討議を取り入れたオンラインでの一斉開催も可能!

  
  

 カリキュラム例
 
1.導入
 ・なぜハラスメントはいけないのか
2.各種ハラスメント(セクハラ、マタハラ、リモハラ)
 ・セクハラ・マタハラの定義と具体的言動
3.パワ-ハラスメント
 ・パワハラの定義と具体的言動
 ・グレーゾーンをなくしていく
4.人間関係をよくする
 ・管理職と一般社員の感じ方の違い
5.イライラをなくし、健全な状態で働く
 ・イライラを起こさない習慣づくり
6.まとめ
  

 


 

■1クラスの受講人数:30名
■研修日数:3時間
 
【講師動画】新田香織氏~介護と仕事の両立セミナー

講師プロフィール

新田香織 (にったかおり)

ハラスメント防止コンサルタント
多様な働き方コンサルタント
社会保険労務士法人グラース 代表
特定社会保険労務士/キャリアコンサルティング技能士2級

厚生労働省東京労働局雇用均等室非常勤職員(次世代法担当)(2006-2011年)
港区男女平等参画推進会議委員(学識経験者、副部長)(2012-2019年度)
厚生労働省「特に配慮を必要とする労働者に対する休暇制度普及事業」検討会委員(2020、2021年度)
厚生労働省「カスタマーハラスメント対策企業マニュアル作成事業」検討会委員(2021年度)

誰もがイキイキと働ける職場作りに寄与するため、多様な働き方が可能な制度や運用、職場の意識醸成を社労士の立場から提案・啓発している。
自治体主催の研修、企業内セミナー、執筆の他、公共機関との連携による両立支援コンサルティング、顧問先の社会保険手続き・労務管理を行う。
 
主な著書:
『仕事と介護両立ハンドブック~コア社員の退職を防ぐ~』(日本生産性本部出版)
『改訂版さあ、育休後からはじめよう-働くママへの応援歌』(労働調査会)
『子育て社員を活かすコミュニケーション【イクボスへのヒント集】』(労働調査会) 他多数

http://grasse-sr.com
女性の活躍推進とハラスメント研修
【一般社員向け】互いに尊重しあう職場づくり~ハラスメントをなくす~

close
pagetop