学ぶ。みがく。変わる。
HOME 研修ラインナップ 【オンライン開催】オンライン会議術
急激に増えるテレワークでもスムーズに会議を進行できる

【オンライン開催】オンライン会議術

  
新型コロナウイルスの影響で、テレワークが急激に増えています。それに伴いオンラインでの会議が頻繁にあり、うまく会議が進行できずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。当研修は、プロファシリテーター・園部浩司氏から学べる実践的な内容です。
  

●人材開発、組織風土改革、組織改革の数多くのプロジェクトマネジメントを経験した講師から学ぶ。
●講師は、徹底的に磨いた企画力/プレゼン力/プロマネ力/ファシリテーション力を持つプロファシリテーター。
●「答えのない仕事(問題解決系)をサクサク解決できる」研修を提供。
●問題を「発見・解決策立案・実行」する力を習得し、問題解決のストーリーを描いた上で、会議を進行するスキルを学べる。
  

●ファシリテーションの全体概要を理解する(知識の習得)
●ファシリテーターとして一人でなんとかまわせることが出来るようになる!
●実践したい!実践するぞ!もっと練習してトップファシリテーターを目指すぞ!という気持ちになる
●オンライン会議でも、「会議室と同じ環境」をつくり、進行できるようになる
  

30名
 

2時間
  
(2時間の場合)
●オープニング
●会議の基本
 ・会議の種類
 ・良い会議の定義
 ・問題解決ステップ(整理術)
 ・ファシリテーションとは など
●オンライン会議術
 ・オンライン会議の課題
 ・画面映り・音声の改善 など
●コミュニケーションの基本
●TIPS
  
※当研修はオンラインでの実施となります

講師プロフィール

園部 浩司 (そのべこうじ)

プロファシリテーター。横浜市出身。1991年、NECマネジメントパートナーに入社。経理部に配属され、その後、事業計画部へ異動し36歳でマネージャーに昇格。さまざまな企画を立案し実行するが、プレイヤー時代の仕事のときのようにチームマネジメントはうまくいかず、成果をなかなか出せずにメンバーとの関係が悪化することが多かった。

変わらなければと、いろいろなセミナーを受講するなか、ファシリテーションスキルに出会う。ファシリテーションを実践していくうちに劇的にメンバーとの関係が良好になり、プロジェクトでも大きな成果がでるようになった。その後、300名在籍の組織変革プロジェクトリーダーをつとめ、年間1000本以上の会議をこなし、1年間で約2億円の営業利益の改善に導く。業務改革推進本部では、最年少部長に抜擢される。

2016年に独立し、人材育成や組織改革、風土改革のコンサルティングを行う「園部牧場」を設立。ベンチャーから大手企業までの会議を仕切るほか、年間2500人以上のファシリテーターの育成に携わる。営業活動はSNSなどを一切使わず口コミのみだが、数年先まで仕事の依頼が埋まっているトップファシリテーターである。これまでに指導した人数は、延べ6600人以上になる。

園部牧場のコンセプトは「枠、超えよう!」。自分も仲間も枠を超えるような仕事にチャレンジするという意味が込められている。日本最大級のスキルシェアサービス、ストアカでは上位1%のプラチナティーチャーに選出され、意識の高いビジネスパーソンに注目されている中目黒の蔦屋書店で行われる「ナカメで朝活」でも強く支持されている。

また、職人の仕事にあこがれ、2年前に寿司職人養成学校へ入学。寿司が握れるコンサルタント・研修講師としても人事担当者からも人気がある。「日本から不毛な会議を撲滅させる!」と強い決意で日々活動中。
https://www.sonobe-bokujo.co.jp/

https://www.sonobe-bokujo.co.jp/
会議ファシリテーション研修
オンライン会議術

facebook
pagetop