学ぶ。みがく。変わる。
HOME 研修ラインナップ 【事前動画学習つき】会社の仕組み+お金の仕組み講座(反転学習型プログラム)

【事前動画学習つき】会社の仕組み+お金の仕組み講座(反転学習型プログラム)

  
IT普及や環境変化により、次のような課題が話題になります。
 
●新型コロナウイルス、オリンピックなど環境変化に影響されないプログラムを探している
●働き方改革の中、効率的な学習にしたい
●ITを活用した、学びの時間や場所の制約がない研修を取り入れたい
●新入社員研修を参加型に変えたい
●受身体質の若手社員に自主的な学びの習慣づけをさせたい
 
「かんき出版の社員研修」とBrew株式会社は、両社の強みを掛け合わせ、反転学習型プログラムを共同開発いたしました。現代にあった学びのかたちであり、環境変化に対応し、人事研修ご担当者の悩みを解決するプログラムです。
  
  
特徴1:学び効果の高い「反転学習」
反転学習とは、事前に講義内容を予習し、講義でディスカッションしながら学ぶことで、より深い学びを得る学習のこと。

  

特徴2:実際に経験し、内省する「経験学習サイクル」
集合研修では、教わるから学ぶへつなげる「経験学習サイクル」を活用!
仕事などの経験を自己フィードバックと他者フィードバックを含めて内省し、それを今後に応用するよう概念化し、実践していく学習方法です。
  
●自分自身の経験から学ぶため、座学より習得しやすい
●成功・失敗体験を内省することで、課題感・成長意識を深められる
●概念化することで、今後の課題に活用できる学びに繋がる

  
「反転学習型プログラム」の流れ
STEP-1 動画で学び、スキルをインプットする
STEP-2 事前課題に取り組む
STEP-3 集合研修では、スキルの復習、ディスカッション、ワークを中心に行い、深く効果的な学びを得る
  
  


  

反転学習型プログラムの仕組みを取り入れた「会社の仕組み+お金の仕組み講座」をご紹介します。

  


  
  

社会人として必要な財務知識。会社とお金の仕組みを合わせて理解することで、ビジネスの流れを習得できます。
  
●有名企業の財務諸表を使った経営分析の演習を多数行う。
●グループディスカッションや分析結果の発表を実施し、他者からの気づきも得られる機会となる。
●動画学習の再確認と新たな経営指標の解説を行うため、動画での学びを土台とした知識や考え方が身につく。
  

24名
 

事前動画学習+集合研修(半日~1日)
  

1.事前動画学習
※財務会計の基礎知識や財務諸表の読み方を動画で解説。
①財務諸表の基礎知識
②貸借対照表(B/S)
③損益計算書(P/L)
④キャッシュ・フロー計算書(C/F)
⑤財務3表相互のつながり
  
2.集合研修(1日の場合)
①宿題の発表
②財務3表の再確認と留意事項
③同業他社比較分析
④B/S、P/Lの時系列分析
⑤貸借対照表と損益計算書を組み合わせた経営指標
⑥優良企業の強み分析
  

講師プロフィール

川口宏之 (かわぐちひろゆき)

1975年栃木県生まれ。公認会計士。2000年より、国内大手監査法人である監査法人トーマツにて、主に上場企業の会計監査業務に従事。06年、国内大手金融グループ系証券会社にて、新規上場に伴う引受審査業務および既上場企業のエクイティファイナンスに伴う引受審査業務に従事。
08年、それまでの経験を活かし、ITベンチャー企業の取締役兼CFOに就任。会社の売上が3倍、社員数が4倍に増加する急成長期において、ほぼ一人でバックオフィス業務全般(財務・経理・総務・法務・労務・資本政策・上場準備)を担当。ベンチャーキャピタルからの資金調達、株式交換による企業買収などで成果を上げた。
独立系の会計コンサルティングファームのジャパン・ビジネス・アシュアランス(株)にて、IFRS導入コンサルティング業務やバックオフィス支援業務、各種セミナー講師等を担当する。2019年より独立。

公式サイト
「決算書を読む技術」研修
【事前動画学習つき】会社の仕組み+お金の仕組み講座(反転学習型プログラム)

facebook
pagetop