学ぶ。みがく。変わる。
HOME 研修ラインナップ 【オンライン】アンガーマネジメント+アサーション研修
イライラしない職場での良好なコミュニケーションを学ぶ

【オンライン】アンガーマネジメント+アサーション研修

<アンガーマネジメントとは?>
アンガーマネジメントとは、1970年代にアメリカで始まったアンガー(怒りの感情)をマネジメント(上手に付き合う)するための心理教育・トレーニングです。
怒りという強い感情に振り回されることなく、また損をすることなくコントロールすることです。
  
アンガーマネジメントとは、怒ってはいけないということではなく、怒ることと怒らなくてもいいことを見きわめ対処でき、怒りという強い感情に振り回されないこと、自分の感情に責任をもてるようになることを目指します。
アンガーマネジメント 怒らない伝え方

  

<アサーティブコミュニケーションとは>
自分も相手も大切にした誠実で対等、率直なコミュニケーションの理論と方法論
 
●ビジネスにおいての人間関係は職位、立場、年齢、価値観など様々な違いがある。そのような中、相手が誰であろうと、自他尊敬の気持ちをもちながら向かい合い、自分の伝えたいことを相手に受けとめてもらえるよう、伝えることができること。
●意見がぶつかったとしても、相手の意見を受け止め話し合い、選択肢を探し歩みより、問題解決を目指した双方向のコミュニケーションを大事にできること。
●自己理解ができていて、ありのままの自分を受け入れることができ、自己信頼度が高いこと。
  


●「怒り」の発生メカニズムを理解し、感情的になりがちな「怒り」に対して、正しく対処していくスキルを学びます。
●「怒り」をマネジメントすることで、周囲とのコミュニケーションを円滑にし、仕事にも支障をきたすことなく、ストレスも軽減できます。
●「アサーティブ」とは相互信頼をもとにしたコミュニケーションであり、自分の意見を押し通したり、押さえ込んで我慢するのではなく、問題解決を目指し話し合うことを知っていただきます。
●自分や相手を責めることなくコミュニケーションをするには、どのような考え方、伝え方が重要なのかを講義や実習で学びます。
●怒りのコントロールを通し、原因志向ではなく解決志向を身につけ、不安やストレスにも対処できるようになりメンタルタフネス度もあげることができます。
  

20名
 

3時間×2回
  
(3時間×2回の場合)
【前半(3時間)】
1.導入講義「建設的なコミュニケーションとは」
2.怒りについて知ろう!
3.アンガーマネジメントのトレーニングとは
 
【後半(3時間)】
4.アサーティブコミュニケーションとは
5.「言いすぎない」「言えない」を克服!伝え方のポイント
6.まとめ~本当に良い人間関係を築くには
 
※適宜休憩を入れ、可能であればブレイクアウトセッション、投票機能、Mentimeterなどを使いながら進めます

講師プロフィール

戸田久実 (とだくみ)

アドット・コミュニケーション株式会社代表
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事

立教大学文学部卒業後、大手企業勤務を経て研修講師に。銀行・製薬会社・総合商社・通信会社など、大手民間企業や官公庁などで「伝わるコミュニケーション」をテーマに研修や講演を実施。対象は新入社員から管理職、リーダーや女性リーダー、役員まで幅広い。

講師歴27年。「アンガーマネジメント」や「アサーティブコミュニケーション」「アドラー心理学」をベースにした「言葉がけ」に特化するコミュニケーション指導には定評があり、これまでののべ指導人数は22万人に及ぶ。近年では、大手新聞社主催のフォーラムへの登壇やテレビ出演など、さらに活躍の場を広げている。

著書は『アンガーマネジメント 怒らない伝え方』『アドラー流 たった1分で伝わる言い方』(以上かんき出版)、『働く女の品格』(毎日新聞出版社)など多数あり、本書が10冊目の著作となる。

公式HP
ブログ
アンガーマネジメント研修
アサーティブコミュニケーション研修
部下指導コミュニケーション研修
組織の信頼度を上げる!「クレーム対応の基本と実践」研修
【オンライン】アンガーマネジメント研修
【オンライン】アサーティブコミュニケーション研修
【オンライン】アンガーマネジメント+アサーション研修
【オンライン】OJT・部下育成研修
【講師動画】戸田久実氏~アンガーマネジメント研修
戸田久実氏インタビュー記事

facebook
pagetop