学ぶ。みがく。変わる。
HOME 研修ラインナップ 部下のやる気と結果を引き出す、リーダーのためのコミュニケーション研修

部下のやる気と結果を引き出す、リーダーのためのコミュニケーション研修


「部下が思うように動かない」「部下が結果を出してくれない」「部下のやる気を引き出す方法がわからない」「部下と上手に信頼関係を築けない」——
そんな悩みをもつリーダーが少なくありません。部下のやる気を引き出すことは、リーダーの責務のひとつ。ところが、部下とのコミュニケーション方法を学ぶ機会はほとんどありません。部下のやる気が上がらなければ、仕事の生産性も高まりません。本研修では、部下の気持ちを理解して、彼らとの信頼関係を築く方法。そして、さらには、部下と円滑なコミュニケーションを図りながら、やる気と結果を引き出す方法を指南します。

  

「強制型のマッチョなリーダー」から「共感型のソフトなリーダー」へのシフトを促します。今の時代のリーダーに必要なおもなコミュニケーション能力とは、「受容する力」「共感する力」「励ます力」の3つ。この3つを実践するために必要な知識とノウハウを提供します。受講者とのインタラクティブなやり取りを挟みながら、部下とのコミュニケーションを円滑にする方法を修得いただきます。

『世界一ラクにスラスラ書ける文章講座』

  
■山口拓朗氏の研修の特徴
●中学生でも理解できるよう、筋道立ててわかりやすく説明する
●演習や質疑応答を交えながら、受講者とインタラクティブにやり取りする
●学んだその日から使える実践的なノウハウを提供する
●文章作成の「マインド」と「テクニック」を過不足なく伝える
  

●部下のやる気を引き出すことができる
●主体的に動く部下を育てることができる
●生産性の高い職場環境をつくることができる
●部下とのコミュニケーションが円滑になる
●部下から信頼を寄せられ、慕われるようになる
●ナチュラルに部下の行動を促すことができる
  

25名
 

1日
  
(1日の場合)
1.部下とのコミュニケーションの本質
2.アクティブリスニングの技術
3.オープンハートコミュニケーション
4.ノンバーバル(非言語)コミュニケーション
5.部下のやる気を引き出すベネフィットトーク
6.「ホメる」で伸ばす部下の能力
7.サンドイッチ話法
8.アサーティブ・コミュニケーション
9.リーダーの雰囲気が伝播する

講師プロフィール

山口 拓朗 (やまぐちたくろう)

伝える力【話す・書く】研究所所長
山口拓朗ライティングサロン主宰者
株式会社アップリンクス取締役

出版社で雑誌記者・編集者を務めたのち、独立。24年間で3300件以上の取材・執筆歴を誇る。
独立当初、ある編集者から「もっと平易で明快な文章でないと、読者に伝わりません」と一喝され、ショックを受ける。以来、文章を書くうえでのマインドと技法を徹底的に研究し、独自の文章メソッドを確立。
現在は執筆活動に加え、講演や研修を通じて「論理的に伝わる文章の書き方」「好意と信頼を獲得するメールの書き方」「売れる文章&コピーの作り方」「ファンを増やすブログ記事の書き方」等の実践的ノウハウを提供。
モットーは「伝わらない悲劇から抜けだそう! 」。中学生にもわかる言葉で解説する丁寧な語り口に定評がある。
2016年からは300万人のアクティブフォロワーをもつ中国企業「行動派」に招聘され、中国の六大都市で「Super Writer養成講座」を定期開催している。
著書に『伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける87の法則』(明日香出版社)、『何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術』(日本実業出版社)、『「9マス」で悩まず書ける文章術』(総合法令出版)など多数。
文章作成の本質をとらえたノウハウは言語の壁を超えて高く評価されており、中国、台湾、韓国など海外でも翻訳されている。

http://yamaguchi-takuro.com/
テンプレートを用い、伝わる文章が書けるようになる「ビジネス文書研修」
お客様から“好意”と“信頼”を獲得する文章コミュニケーション研修
部下のやる気と結果を引き出す、リーダーのためのコミュニケーション研修

facebook
pagetop