学ぶ。みがく。変わる。
HOME 研修・講演紹介 データを使わない『分析力』講座

データを使わない『分析力』講座

問題解決できる! すべきことが具体的になる

 

ビジネス数学で、「数」「論理」に強い人を創る
 
現状日本では「数学」は受験を通過するための作業と化しています。教育者はそう思っていなくても、仕組みがそうなっているのです。しかし、本来は数字に苦手意識を持つことなく、論理的に考え、論理的に語れる人間を創るために存在するもののはず。
「社会人の教育にだって、数学は活用できる」
 
ビジネス数学は3つの能力が身につく教育プログラムです。
1.論理思考:論理的に考え、論理的に伝えるための基礎能力
2.数的思考:定量化、フェルミ推定など、数字でビジネスを捉える能力
3.数学的スキル:統計分析、損益分岐点分析、線型計画法など実践的なスキル
  

  
  

 研修のねらい
 
AI時代の突入により、データ分析は人間がする仕事ではなく、人間が指示する仕事になります。
しかし、だからといって人間に「思考力」が不要になるわけではありません。
AIの時代だからこそ、データを使わない、計算を不要とする分析力の有無が問われることになります。
「これからの時代の思考力」=「データを使わない分析力」と定義。
目前の物事を構造で捉え、問題を発見し、すべきことを具体化する思考プロセスをわかりやすく身近な事例を用いてトレーニング。
最後は自分の仕事に落とし込み、課題を解決するための行動を具体化します。

  
  

 研修の効果
 
●課題の発見、さらに改善のための具体策を見つけることができる
●複雑なものや曖昧な概念を整理して論理的に説明することができる

  
  

 カリキュラム例
 
1.なぜ「データを使わない分析力」が必要なのか?
2.実は「わける」だけでいい
3.「それは何でできているか?」という発想を持つ
4.「データを使わない分析」が上手になる意外なコツ
5.明日から「データを使わない分析」ができる5つの質問

 


 

■1クラスの受講人数:24名
■研修日数:1日
■受講対象:論理思考に苦手意識をお持ちの方
      自分の思考力をさらに高めたい
      問題解決のためのアプローチ法を知りたい方 など

 

講師プロフィール

深沢真太郎 (ふかさわしんたろう)

ビジネス数学教育家
BMコンサルティング株式会社 代表取締役

数学的なビジネスパーソンを育成する「ビジネス数学」を提唱し、述べ1万人以上を指導してきた教育の第一人者。
日本大学大学院総合基礎科学研究科修了。理学修士(数学)。
予備校講師から外資系企業の管理職などを経てビジネス研修講師として独立。
大手企業をはじめプロ野球球団やトップアスリートの教育研修を手がける傍ら、SMBC、三菱UFJ、みずほ、早稲田大学、産業能率大学などと提携し講座に登壇。さらに指導者育成を目的とし「ビジネス数学インストラクター制度」をプロデュース。数字や論理思考に強いビジネスパーソンの育成に務める。テレビ番組の監修やラジオ番組のニュースコメンテーター、ビジネス誌の記事監修などメディア出演も多数。著作は国内外で30冊以上。実用書のほか作家として小説も発表しており、多くのビジネスパーソンに読まれている。

<主な著書>
『徹底的に数字で考える』(フォレスト出版)『数学的思考トレーニング』(PHPビジネス新書)
『数学的に考える力をつける本』(三笠書房) 『わけるとつなぐ 〜これ以上シンプルにできない論理思考の講義〜』(ダイヤモンド社)など多数


・一般社団法人日本ビジネス数学協会 代表理事
・国内初のビジネス数学検定1級AAA認定者
・国内唯一のビジネス数学エグゼクティブインストラクター

★ビジネス数学.com 〜深沢真太郎オフィシャルウェブサイト〜
数学的思考の基本と活用法
数字で伝える・説得する技術
データを使わない『分析力』講座
すぐに実践!データ分析・超入門
短時間で説明する技術
【eラーニング】数字に強いロジカルパーソン育成プログラム
【eラーニング】入社1年目からの数字力強化プログラム
【eラーニング】管理職1年目からの数値化マネジメント

close
pagetop