学ぶ。みがく。変わる。
HOME 研修ラインナップ タイムマネジメント研修
時間泥棒をさがして退治する

タイムマネジメント研修


時間管理に対する考え方・スキルを身につけ、ワークスタイルの充実を図ります。
具体的には、スケジュールの立て方や優先順位のつけ方、行動の仕方を通して時間の
使い方の“クセ”を直し、無駄な時間を減らします。
受講後には、仕事の生産性が上がり、新たな時間が生まれます。
時間管理と優先順位・権限の委譲
(ストーリーマップ)
時間管理は「仕事を管理して生産性を上げること」という基本コンセプトに基づき、マップのストーリーは、「タイム君」にいじめられて病院に運び込まれた患者が、ワークスタイルの検診後、治療を受けて元気になって、家族の元に戻るというものです。
  

24名
  

1日
  
(1日の場合)
● 時間管理と優先順位
 ・時間管理に対する考え方
 ・時間管理のストーリーマップの説明
● 時間泥棒をさがして退治する
 ・無駄な会議、急な依頼、不必要な書類整理など原因を探り、解決策を見つけ出す
● スケジュールを効果的に行う
 ・To Do List をつくる・考える時間を予定する
● 優先順位と権限の委譲
 ・重要度と緊急度マトリックス
● 先送りの“クセ”を直す
 ・マインドを変える・タイムボックスの実施

  

●タイムボックスにわけて、仕事をする
●苦手な仕事を先送りしてしまっていることが分かった。マインドセットを切り替えてみる
●他の人の時間管理をきくことができて、よかった。TODOリストをさぼらず作っていく
●重要度が高く、緊急度が低い仕事を優先的にやっていくようにする
●見切り発車で仕事をはじめてしまっていた。仕事を小分けにして、複数できるようになりたい
●自分の弱点が分かった。明日から先送りにしてきたことを優先的にやっていきたい
●TODOリストを作って、翌朝に確認する癖をつける

講師プロフィール

斧出吉隆 (おのでよしたか)

株式会社ヒューマン・エッジ 代表取締役社長

1980年にP&Gジャパン入社。マーケティング、営業を経験したあと、
1985年に採用マネジャーとして人事のキャリアを開始。その後、人材育成や組織開発を担当し、アジアパシフィックの代表として、P&Gが世界に誇る「High Performance Organization 」メソッド構築に参画。アジアにおける組織論の第一人者となる。
99年ユニバーサルスタジオジャパン、ジェネラルマネージャー、03年シンジェンタジャパン、 人事・広報部長、06年日本マクドナルド入社。執行役員人事本部長歴任。

現在は、グローバル人材育成コンサルタントとして、国内企業、外資系企業を中心に、日本人がグローバルで活躍できるよう支援するための、研修、講演、執筆活動を実施している。グローバル人材の育成については、自身の経験とグローバル企業で多く取り入れられている「人材育成プログラム」を、海外でも通用するグローバルビジネス・ベストプラクティスとして体系化し各企業に提供している。とりわけリーダーシップについては、欧米で広く取り入れられている「影響力によるリーダーシップ」研修のパイオニア的存在である。

http://www.humanedge.jp/
タイムマネジメント研修
プレゼンテーション研修
シニアキャリアデザイン研修
影響力で周囲を巻き込むリーダーシップ研修
部下育成 スキルアセスメントを使った効果的なOJT研修
効果的な会議の進め方とファシリテーションスキル研修
部下が成長する実践コーチング研修
クリティカル思考力研修
評価者のためのマネジメントスキル研修
【講師動画】斧出吉隆氏~『自己潜在能力発見』研修(シニアキャリア)

facebook
pagetop