学ぶ。みがく。変わる。
HOME 研修ラインナップ リーダーのための教える技術研修
なぜ?人が育たないのか?行動科学に基づいた教え方で、メンバーの行動を変える!

リーダーのための教える技術研修


<行動科学マネジメントの2大特徴>
行動科学マネジメントとは、行動分析学/行動心理学など科学で実証されたメソッド。
それを日本ビジネスに応用したものがウィルPMインターナショナルの『行動科学マネジメント』『行動科学セルフマネジメント』です。
  
1.結果だけでなく、行動にも焦点を当てること
2.いつ、誰がやっても同じ結果が現れること(実験再現性)
  
<行動科学における“教える”の定義>
●人が育たない原因は、教え手が“教え方を知らない”ことにある。
●行動科学における“教える”とは、相手の望ましい行動を増やし、望ましくない行動を減らすサポートを、再現性を持ち実施すること。
  

1.一般職の目標達成の増加率(平均)
 ・上位2割 昨年対比:112%アップ
 ・中間6割 昨年対比:149%アップ
 ・下位2割 昨年対比:128%アップ
2.離職率の低減
 ・入社1年目で営業目標の達成率が20%から60%以上に
 ・平均の残業時間が月に40時間から10時間未満へ
 ・入社1年目から3年目までの離職率が35%から5%未満へ
3.行動科学マネジメントを組織に導入すると行動量が増加する
 ・上司が部下に具体的な指示を伝え、部下が行動した“直後”に上司がその行動を承認することで、部下の行動は継続される。つまり行動量が増加する。
  

24名
  

1日
  
(1日の場合)
1.イントロダクション
2.行動科学マネジメントによる成果に繋がる行動とは?
3.具体的に教える行動を「はじめて」もらうための行動分解の手法
 ・行動分解のスキル:MORSの法則(計測できる、観察できる、信頼できる、明確化されている)
4.実際に職場コミュニケーションの行動をしてもらうためには?
 ・正しい行動を「知識」と「技術」に分ける練習
5.「教える行動」の行動習慣化シートを作成する
 ・現場で明日から「教える行動」を3週間継続する

講師プロフィール

松田新士 (まつだあらし)

株式会社ウィルPMインターナショナル
行動科学マネジメント公認シニアインストラクター

教育系企業を2社、取締役を務めたのちコンサルタントに転身。
自身でその経験(累計約800人を超える部下を行動科学マネジメントを使い底上げをした)とノウハウを活かし、業種業態に関わらず各社の業績向上に貢献。
価値観が多様化されてきた現在、過去の成功法則が一律では通用しなくなってきており、マネージャー・管理職といったいわゆる教育担当者への育成活動を中心に活躍。
特に組織のNo2など次世代の幹部・リーダー候補の人材育成に強みを持つ。
提供するメソッドは、「結果に直結」「再現性」などを現場の人の具体的な行動レベルでの改善のため、多くの支持を得ている。
「行動科学マネジメント公開セミナー」「行動科学マネジメント研修」「教える技術」の講師に加え、コンサルタントとしても精力的に活動中。
大手メーカーから金融からサービス業まで実績多数。

一般職・若手のための行動科学セルフマネジメント研修
リーダーのための教える技術研修

facebook
pagetop