学ぶ。みがく。変わる。
HOME 研修ラインナップ 数学的思考の基本と活用法
仕事に使える数学で問題解決力を高めよう

数学的思考の基本と活用法


ビジネス数学で、「数」「論理」に強い人を創る
現状日本では「数学」は受験を通過するための作業と化しています。教育者はそう思っていなくても、仕組みがそうなっているのです。しかし、本来は数字に苦手意識を持つことなく、論理的に考え、論理的に語れる人間を創るために存在するもののはず。
「社会人の教育にだって、数学は活用できる」

ビジネス数学は3つの能力が身につく教育プログラムです。
1.論理思考:論理的に考え、論理的に伝えるための基礎能力
2.数的思考:定量化、フェルミ推定など、数字でビジネスを捉える能力
3.数学的スキル:統計分析、損益分岐点分析、線型計画法など実践的なスキル

  

「ビジネスに数学なんて役立つの?」多くのビジネスパーソンはそう疑問に感じているでしょう。 しかし次に挙げる項目にひとつでもチェックがつく方がいれば、まさに数学的思考がおすすめと言えます。
 □仕事の優先順位を合理的に判断したい
 □多くの選択肢の中から最適な解を導きたい
 □自分の予測に数的な根拠が欲しい
 □数値計画を作成し、損益分岐点などを把握できるようになりたい
 □説得力のある説明、指導ができるようになりたい
 □職場の問題解決を数字で図りたい など
忙しいビジネスパーソンの問題解決スキルを一気に高めるのが数学的思考なのです。
このセミナーでは「難しい数学なんていらない。必要なのは使える数学だ」と提唱する日本でただ一人のビジネス数学の専門家である講師から練習問題を交えながら数学的思考の基本と活用法を学びます。
  

●定量化するためのコツを掴み、説明に必要な数字をつくることができます
●損益分岐点分析ができるようになります
●数学的な問題解決手法を学べます
●数字を使った説得力ある説明ができるようになります
  

・数字に対して苦手意識のある方
・ビジネスセンスを高めたい方
・数字を使って語れるようになりたい方
・数字を使って職場の問題解決を図りたい方 など
  

24名
  

1日
  
(1日の場合)
0.はじめに
 ・なぜ、数学的思考なの?
 ・どんな問題を解決できるの?
 ・数学的思考は「理由」をつくる手段である
1.「予測値」をどうつくるか
2.「それを選ぶ理由」をどうつくるか
3.「その計画で進めて大丈夫?」にどう答えるか
4.総合演習
 【テーマ】 新規事業の推進「あなたの結論は?」
 【テーマ】 社長からのリクエストに、数字を使って「NO!」と言おう
5.おわりに
 ・いくら数学的思考で「理由」がつくれても、「行動」しなければ意味がない

講師プロフィール

深沢真太郎 (ふかさわしんたろう)

ビジネス数学教育家

数学的なビジネスパーソンを育成する「ビジネス数学」を提唱し、述べ1万人以上を指導してきた教育の第一人者。
日本大学大学院総合基礎科学研究科修了。理学修士(数学)。
予備校講師から外資系企業の管理職などを経てビジネス研修講師として独立。
大手企業をはじめプロ野球球団やトップアスリートの教育研修を手がける傍ら、SMBC、三菱UFJ、みずほ、早稲田大学、産業能率大学などと提携し講座に登壇。
さらに自ら学長としてビジネススクールや指導者養成機関をプロデュースし、数字や論理思考に強いビジネスパーソンの育成に務める。
ラジオ番組のニュースコメンテーターやビジネス誌の記事監修などメディア出演も多数。
著作は国内外で30冊以上。実用書のほか作家として小説も発表しており、多くのビジネスパーソンに読まれている。

・BMコンサルティング株式会社 代表取締役
・一般社団法人日本ビジネス数学協会 代表理事
・国内初のビジネス数学検定1級AAA認定者
・国内唯一のビジネス数学エグゼクティブインストラクター

★ビジネス数学.com 〜深沢真太郎オフィシャルウェブサイト〜
数学的思考の基本と活用法
数字で伝える・説得する技術
数値化する技術
データを使わない『分析力』講座

facebook
pagetop