学ぶ。みがく。変わる。
HOME 研修ラインナップ 【講演】トヨタ式カイゼン術でまだまだ組織は強くなる
元トヨタNO.1メカニックから学ぶ

【講演】トヨタ式カイゼン術でまだまだ組織は強くなる


人口減少時代をむかえて、働く人たちの生産性が注目される世の中になりつつあります。日々の仕事における業務改善や、残業削減など、取り組むべき課題は山積です。
そんななか、大企業になってもなお成長を続けるのがトヨタ自動車です。この講演では、そのトヨタの「現場」でどのような考え方をして、どのような行動をしていたのか、事例を交えながらお伝えしていきます。どんな企業、組織でも適用できる普遍的な「トヨタ式カイゼン」について分かりやすく展開してまいります。

  

管理職の方を想定
  

30名
  

90分~120分
トヨタで学んだ自分を変えるすごい時短術
『トヨタで学んだ自分を変えるすごい時短術』

  
(講演の場合)
1.トヨタの現状
 2000年代の売上推移を見ながら、なぜそのような推移をたどったのかを簡単に解説します。
 そして、その推移の裏には「トヨタ式カイゼン」があることもお伝えします。
2.トヨタの現場からみた「カイゼン」キーワード
 トヨタ式カイゼンのメインとなるキーワードを幾つかピックアップしながらエピソードを交えつつ解説していきます。
 『5S』『多能工』『モグラ叩きはしない』『巧遅より拙速』『非常識な目標を立てる』『三現主義』
3.トヨタ流カイゼンを活かしている事例
 これまでご紹介したカイゼンのキーワードを実際に意識して取り組んでいる国内外の成長企業について解説していきます。
4.カイゼンを進めていく正しい順序
 皆さんの組織でカイゼン活動を進めていきたいという場合に押さえておくべきポイントや考え方、
 教育の仕方についてまとめてお伝えします。

講師プロフィール

原マサヒコ (はらまさひこ)

株式会社プラスドライブ代表取締役CEO

1996年、神奈川トヨタ自動車株式会社にメカニックとして入社。5000台もの自動車修理に携わりながら、トヨタの現場独自のカイゼン手法やPDCAサイクルを叩き込まれる。
これらを常に意識して研鑽を積み、技術力を競う「技能オリンピック」で、最年少優勝に輝く。さらにカイゼンのアイデアを競う「アイデアツールコンテスト」でも2年連続全国大会出場を果たすなどトヨタの現場で活躍。

その後、デル株式会社を経て、WEBマーケティングのサービスを提供する、株式会社プラスドライブを立ち上げる。
現在も代表取締役CEOとして、クライアント先のWEBサイト改善やマーケティング施策の推進業務に従事している。

そのかたわら、トヨタ式の考え方やカイゼンの手法、PDCAなど、トヨタで学んだビジネススキルを社会に還元するために、日々講演活動を行っている。
製造現場のノウハウをどんな企業でも使えるノウハウに落とし込むことを得意とし、さまざまな業種の企業から信頼を得ている。
なかでも、本書の元となったトヨタのカイゼンに関する講演は、残業が減らないことに悩むビジネスパーソンから、「ムダな仕事が減り、仕事が速くなった」「早く帰れるようになり、人生が充実した」と好評を博している。

著書に『人生で大切なことはすべてプラスドライバーが教えてくれた』(経済界)、『新人OLひなたと学ぶ どんな会社でも評価される トヨタのPDCA』『まんがで身につくPDCA』(ともに、あさ出版)、『どんな仕事でも必ず成果が出せる トヨタの自分で考える力』(ダイヤモンド社)など多数。

http://www.haramasahiko.com/
トヨタ式カイゼン術で まだまだ組織は強くなる
個人も組織も成長させる方法 〜「トヨタのPDCA」から学ぶ
個人の成長につながる!どんな仕事でも活かせる『トヨタ式時短術』
元トヨタNo.1メカニックが語る「成長する学び方」

facebook
pagetop