学ぶ。みがく。変わる。
HOME 研修・講演紹介 リーダーのためのアンコンシャス・バイアス

リーダーのためのアンコンシャス・バイアス

アンコンシャス・バイアスを知る、気づく、対処する

 

アンコンシャス・バイアス – unconscious bias
 人が無意識のうちに持つ思い込みや固定観念
  
アンコンシャス・バイアスは、様々な弊害をもたらしています。
 ・異動・評価・アサイン・昇格への不平不満が組織に蔓延する
 ・挑戦できない組織となり、イノベーションが起きない
 ・上司の顔色ばかりをうかがう組織になる
 ・メンバーの成長機会を奪う
 ・ハラスメントやコンプライアンス違反がおきる
 ・退職や傷病休職者が増える

  
一人ひとりがイキイキと活躍する組織をめざすために知っておきたいこと。それが「アンコンシャス・バイアス」です。
様々なワークや問いを通じて、無意識の自分に気づくことで、リーダーも、メンバーも、チームも変わります。

  
  

 カリキュラム例
 
1.アンコンシャスバイアスを知る
 ・「アンコンシャスバイアス」とは?
 ・様々なワークをとおして、アンコンシャスバイアスが「わたし」にもあることを体感する。
2.アンコンシャスバイアスの影響に気づく
 ・「アンコンシャスバイアスの何が問題となるのか?」
 ・どんな問題・影響がおきる可能性があるのか?をワークをとおし、考える。
3.アンコンシャスバイアスへの対処法
 ・「決めつけない」「押しつけない」(アンコンシャスバイアスは決めつけや押しつけの言動にあらわれる)
 ・「影響に目をむけ、対応する」
 ・自己認知のために:私のアンコンシャスバイアスを振り返る
4.「わたし」を主語に、アンコンシャスバイアスに向き合い続ける
 ・人や組織にどのような影響があるのか?
 ・アンコンシャスバイアスに気づいてよかったとは?
 ・「わたし」を主語に向き合い続ける
  
※「ダイバーシティ」「管理職向け」「キャリアデザイン」「コンプライアンス&ハラスメント対応」などのテーマでも導入できます。

 


 

■1クラスの受講人数:30名~100名
■研修日数:60分~120分

  

  
※守屋智敬氏監修による「アンコンシャス・バイアス」をテーマにしたeラーニングリリース中。
 詳しくは「かんき出版の社員研修」事務局までお問合せください。

講師プロフィール

守屋智敬 (もりやともたか)

株式会社モリヤコンサルティング 代表取締役
一般社団法人アンコンシャスバイアス研究所 代表理事

1970年大阪府生まれ。神戸大学大学院修士課程修了後、都市計画事務所、コンサルティング会社を経て、2015年、株式会社モリヤコンサルティングを設立。管理職や経営層を中心に8万人以上のリーダーを育成。
復興庁「新しい東北」先導モデル事業がきっかけとなりスタートした復興地東北ツアーは、現在も継続提供している。

2018年、ひとりひとりがイキイキする社会をめざし、一般社団法人アンコンシャスバイアス研究所を設立。アンコンシャスバイアス研修の受講者はこれまでに5万人をこえ、プロ講師、社内講師、教員などをはじめ、育成した「認定トレーナー」は、現在100名をこえる。
アンコンシャスバイアスを知ることは、様々な社会課題の解決にも繋がるとの思いから、「がんと就労」「人権啓発」「被災地の皆さんへ」「小・中学生へ」等、様々な角度からお届けしている。

著書に『シンプルだけれど重要なリーダーの仕事』『「アンコンシャス・バイアス」マネジメント』(以上かんき出版) 、『導く力』(KADOKAWA刊)などがある。

株式会社モリヤコンサルティング
一般社団法人アンコンシャスバイアス研究所
リーダーのためのアンコンシャス・バイアス
守屋智敬氏インタビュー記事
【講師動画】アンコンシャス・バイアス

close
pagetop