学ぶ。みがく。変わる。
HOME 研修ラインナップ 説得力を増す効果的な資料作成研修

説得力を増す効果的な資料作成研修

絵心やコピー&ペーストに頼っていた資料作成から脱却!

 

資料作成の目的設定からメッセージ作成、効果的な表現を体系的に学ぶことで、
絵心やコピー&ペーストに頼っていた資料作成から脱却できます。

分かりやすくインパクトのある資料を作成できます。

  
  

 カリキュラム例
 
1. メッセージ
 ・目的設定・ターゲットを知る
 ・インパクトのあるメッセージを作る
2. ストーリー
 ・相手目線のストーリー作成
3. ビジュアル
 3-0.ビジュアルの鉄則:ノイズカットとフォーカス
 3-1.テキストで表現する:文字の減らし方・キーワード化
 3-2.表で表現する:表作成方
 3-3.グラフで表現する:基本グラフ作成、応用グラフ作成
 3-4.図で表現する:図解ステップ、図の関係性設定、図の改善の仕方
4. 総合演習(プレゼン資料作成)

  
  

 ご参加者の声
 
・受講して学んだことはメインメッセージを設定することの重要性と相手の欲しい情報を考えることの重要性です。これまでは自分が発表し易い資料作成となっておりましたので、今回の講義にてその重要性を学ぶことができました。
・ご自身のキャリアにおける実体験と今まで数多くの研修を行ってこられた経験から、話される内容については明瞭で参加者からの質問にも明確に回答いただけました。
・1日で自身の資料が見違えるように改善できたので、我ながらびっくりしました。学びのあるプログラムでした。
・質問に対しても即座に答えて頂く事ができ、疑問を感じることなく受講できました。また他社の状況なども適度に話を混ぜて頂くことで飽きることなく学習する事ができました。
・チーム員への説明を文章で並べるのではなく、グラフ・図表に置き換える事により相手により理解してもらい、行動に移してもらえると感じました。今後毎週のチーム会では相手目線を意識した資料作成を心掛け、チーム員の行動変化を感じられるように運営していきたい。
・資料作成において自分の癖に気が付いた。相手に見やすいと思ってついていた癖が実は逆効果であったことに驚きました。シンプルな資料が一番分かり易く、伝わり易いと学ぶことができ、大変勉強になりました。
・いきなりPCに向き合うのではなく、全体構成やイメージを手書きで表してから作成することが効率の良いことだと、実際ワークを通して実感しました。実務の資料作成でも実践し、時間短縮を図りたいです。
・最初から最後まで目から鱗の情報満載で1日があっという間に終わりました。自身で作成してきた資料のどこが、どんな理由で改善させるべきなのか、沢山腹落ちしました。

 


 

■1クラスの受講人数:24名
■研修日数:1日

 

講師プロフィール

清水久三子 (しみずくみこ)

株式会社 AND CREATE 代表取締役

1998年にプライスウォーターハウスコンサルタント(現IBM)入社後、企業変革戦略コンサルティングチームのリーダーとして、新規事業戦略立案・展開プロジェクトをリード。

2005年に当時の社長から「強いプロフェッショナルを育ててほしい」と命を受け、コンサルティングサービス&SI事業の人材開発部門リーダーを務める。
延べ3000人のコンサルタントの指導育成経験を持つ「プロを育てるプロ」として知られている。

2013年に独立。執筆・講演・研修を中心に活動を開始。年間4冊を超えるビジネス書の執筆や全国での講演・研修活動を行い、毎期売上を倍に成長させている。

2015年6月にダイバーシティ、ワーク・ライフバランスの実現支援を使命とする株式会社 AND CREATEを設立。創造性と生産性を向上させるスキルアップのプログラムを提供している。

著書に、『1時間の仕事を15分で終わらせる』(かんき出版)、『プロの課題設定力』『プロの資料作成力』『一流の学び方』(いずれも東洋経済新報社)などがある。

http://andcreate-official.com/
良質なインプットを生む聞く力向上研修
説得力を増す効果的な資料作成研修
プレゼンテーション・ベーシック研修
ロジカル・ライティング研修
ケーススタディで学ぶ課題設定力向上研修
女性のキャリア力を高めるアクション型研修
チーム生産性向上リーダーシップ研修

facebook
pagetop