学ぶ。みがく。変わる。
HOME セミナー・公開講座 【オンライン/情報交換会】小社刊「THE CULTURE CODE 最強チームをつくる方法」から心理的安全性を考える

【オンライン/情報交換会】小社刊「THE CULTURE CODE 最強チームをつくる方法」から心理的安全性を考える

無料

\ランチタイム&少人数のミニセッションです。ぜひお気軽にご参加ください/

■こんな企業の人事担当にオススメ

 
心理的安全性というキーワードに興味がある
・最強チームをつくる方法を聞いてみたい
・他社が心理的安全性を高めるために実施している具体的な取り組みをしりたい
・今の自社の取り組みに対して他社からの意見やフィードバックがほしい

■開催概要

 
 
ダイバーシティ&インクルージョンやエンゲージメント向上の文脈で紹介されることの多い「心理的安全性」というキーワード。Google社のプロジェクトアリストテレスの記事をきっかけに、かなり浸透してきたと思います。
「心理的安全性」の言葉やコンセプトは広がってきているものの、それをどうやって「チーム・組織に活かすのか」という具体的な取り組みについてはまだ模索されている方が多いのではないでしょうか。
こうした現状を踏まえ、今回は心理的安全性が担保された「最強チームをつくる方法」をテーマにした情報交換会を開催いたします。
当日は弊社刊行の書籍『THE CULTURE CODE 最強チームをつくる方法』から「最強チームをつくる」3つの方法をご紹介するとともに、みなさまのお悩みや取り組み事例などをざっくばらんにシェアしていただくお時間にしようと考えています。
 
・社内で「心理的安全性」が注目されているが、具体的になにをすればいいかわからない
・心理的安全性があることと「ぬるい職場」と誤解している人もおり、どのように広めていくか悩んでいる
・組織、チームの関係性を強化するヒントがほしい
 
今回はかんき出版のファシリテーターから「心理的安全性を高め、最強のチームをつくる方法」をご紹介したあと、ご参加者様同士で直接お悩みや取り組み事項をシェアしていただく予定です。
現時点ではとくにご自身や自社での取り組みをされていない方でも問題ありません。
「心理的安全性」や「チーム力強化」にご関心がある方、他企業の方と情報交換や、ネットワークを作りたい方、ぜひお申込みください。

■注意事項

 
・定員:10名様(1社あたり2名まで|最小催行人数3名)
・当セミナーは、企業の人事・部門教育ご担当者様対象です。
・開催形態は、Zoom利用によるオンライン形式です。原則としてカメラ・マイクをご利用できる静かな環境でご参加ください。
・応募者多数を見込んでいるため抽選とさせていただきます。
 (申込受領後3営業日以内に当選結果のご案内をいたします)
・当選者には、別途メールにて招待のURLをお送りします。
 適宜、アプリをインストールしていただければ、
 お持ちのPC、スマートフォン、タブレット等からどなたでもご参加いただけます。
・セキュリティ上、入室時にお名前の照合を行います。
 お名前を申込時と同じフルネーム(漢字またはカナ)へ表示変更のうえご参加ください。
※研修会社及び自己啓発目的による個人の方の参加はご遠慮願います。

セミナー内容


  • 【オンライン/情報交換会】小社刊「THE CULTURE CODE 最強チームをつくる方法」から心理的安全性を考える
    受付中
    無料
    NEW
    セミナーコード
    開催日時 2022年7月26日(火)12:10~12:50
    会場 【オンラインのため来場無し】
    対象者 企業の人事担当者、D&I推進担当者、社内でD&I推進に取り組まれている方
    受講料 無料
    講師 向井和範
    所属 株式会社かんき出版 教育事業部
    HRソリューショングループ シニアコンサルタント
    定員 10名 ※定員に達し次第締め切らせていただきます。
    受付期間 〜2022年7月24日(日)まで
    お問い合わせ 株式会社かんき出版 教育事業部 【セミナー事務局】
    電話:03-3262-8014
    eメール:doujou@kanki-pub.co.jp

講師プロフィール

向井和範 (むかいかずのり)

株式会社かんき出版 教育事業部
HRソリューショングループ シニアコンサルタント

大学卒業後、採用コンサルティング会社に入社。業界や規模を問わず企業の採用課題に対して企画立案、コンサルティング、プロジェクトマネジメントを行うことからキャリアをスタートさせる。幅広いビジネスモデルや、そこで活躍するビジネスパーソンに出会う一方、学生のキャリア教育に対して問題意識を持ち、在職中に通信制大学に編入して教育学を学び直す。

2011年、高校の国語科教員に転職。教科指導に加えて担任業務、進路指導を通じて生徒のキャリア支援を行う。また、休部状態だった複数の部活動を再開させ、ソフトテニス部では生徒が全国大会出場を果たす。

学校や教科という枠を超えて「学ぶ」と「働く」に携わるため現職へ転身。現在は一部上場企業を中心に、ビジネス上の競争優位性確保を目指した人材育成の企画、実行支援に注力。特に個々人のエンゲージメント向上、組織風土改革の分野で、既存のやり方にこだわらない新たな発想で企業の支援をしている。

<得意領域>
リーダーシップ開発/DX人材育成/イノベーション創発/エンゲージメント向上施策/組織風土改革(D&I推進ほか)

close
pagetop